FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】紫外線対策Part2



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第71号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第70号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第71号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆紫外線対策Part2お肌のお手入れ
☆☆今週のピックアップ<ダメージ肌>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 紫外線対策Part2

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________




夏へ向けての紫外線対策
乾燥肌が引き起こすトラブルについて
お話しました


今回はより具体的な
お話をしたいと思います


まずは、どんなお手入れを
心がければいいのでしょうか・・・



● 夏の洗顔・・・

夏のお肌は、過剰な皮脂の分泌によって
毛穴が開き、古い角質やゴミ、ほこりなどが
詰まりやすくなっています。はじめに32℃
(人肌程度)のぬるま湯で顔を洗い、余分な皮脂や
汚れを溶かしだしましょう

洗顔のポイントは
1・密度の濃い泡で
2・決してこすらず
3・だけど素早く

「肌へのダメージをできるだけ少なくする」ために
手際よく洗い上げましょう


● 美肌ポイント・・・


ここからが夏の美肌ポイント
洗顔料を十分に流したら、最後に冷水で
2,3回顔を洗います。そうすることで毛穴が
キュット引き締まり、余分な皮脂や汗の分泌を
抑える効果があります。洗面器に氷水を張って
顔を浸すのもお勧めです


● 夏の化粧水は・・・


どんなにベタ付く夏でも化粧水は欠かせません
今まで使っていた化粧水が「重たい」と感じる方は
さっぱりタイプのものや収斂作用のあるものを
使いとよいでしょう
ただし、しっとりタイプのものに比べて
保湿力が低いものが多いので
念入りなお手入れを心がけましょう


● 美肌ポイント・・・


さて、夏の化粧水一押し
「冷蔵庫で冷やす」ことですね
普段から冷やしている方も
多いとは思いますが、夏は特にオススメです

洗顔後に冷たい化粧水を肌に馴染ませることで
毛穴がキュット引き締まり余分な皮脂の分泌による
テカリを抑え、うるおいを閉じ込めます


● 夏の美容液・・・


シミは怖いけど、シワもたるみも無視できない・・・

夏のスキンケアは欲張りにならざるを得ません
だからと言って、何種類もの美容液を顔全体に
塗りたくるのはベタ付きやテカリを招くので考えものですね・・・
ここでポイントを押さえましょう


● 美肌ポイント・・・美白


考えてみると、シミができる場所ってある程度
決まっていると思いませんか?
そう、ズバリ紫外線が当たりやすい部分

美白美容液は額、頬骨、鼻先、こめかみ
口元、顎先などシミができやすい部分を
中心に馴染ませていき、ピンポイントで
シミを予防しましょう
心配な方は化粧水を美白系のものに
するとよいでしょう


● 美肌ポイント・・・保湿


乾燥しやすい部分(=シワやたるみが出やすい部分)
に的を絞って、保湿系の美容液を馴染ませていきます
表情ジワが出やすい、額、眉間、目尻、鼻の付け根
ほうれい線などにはしわ対策美容液を

乾燥小じわやたるみが出やすい
目元(瞼・下瞼・目の下)や頬の広い部分に
保湿美容液を馴染ませていきます
このように、顔をエリア分けすることで
美白と保湿を両立し「シミ・しわ・たるみ」
どれもあきらめない、夏のスキンケアが完成します
隠れ乾燥肌なんて怖くありません


● 乳液&クリーム


「皮脂の分泌が激しいからクリームはいらない。」
半分正解・半分間違い。肌の状態は毎日変化しています
ベタ付く夏でも毎日肌の状態をチェックして
皮脂の分泌が少ない部分には乳液やクリームで
油分を補い、水分をしっかり閉じ込めましょう


● 美肌ポイント


夏に限った裏技でないのですが
スキンケアの最後にティッシュオフすると
化粧ノリがよく、崩れにくくなるのでオススメです

クリームの使用後3分ほど置いてよく馴染ませてから
ティッシュを一枚顔に乗せて余分な油分をオフしましょう
このティッシュオフは、日中にテカリやベタつきが
気になったときにもオススメです


● まとめ


夏は美白に一生懸命になるあまりに
しわ&たるみ対策がおろそかになりがちな季節です
ですが、お肌の老化は一日たりとも待ってはくれません

シミ・しわ・たるみetc…
いつだって手を抜くことができませんが
季節に合わせて賢くケアしてあげることで
肌は必ず応えてくれます

夏はしわ・たるみも要注意の季節
夏のスキンケアのポイントを押さえて
暑い夏を美しく乗り切りましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ダメージ肌>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


やはり、日頃の食生活
と日頃のお手入れ・・・


地道にケアされている方は
美しいですね・・・

● 「ダメージ肌」からさよなら 
食物から摂取した栄養が肌に
いきわたらなくなるために肌が栄養不足の状態になり
このような状態が続くと、元気な肌細胞を生み出すことができず
「生まれつきのダメージ肌」が生まれてしまいます
これが肌の衰えの大きな原因でもあります。
残念ながら、このダメージ肌を基礎化粧品で
元気にするすることは難しいため、肌に必要な栄養を
摂取して「生まれつき若々しい肌」を生み出すことが
アンチエイジングには欠かせません
1.十分な栄養を摂取し元気な肌細胞を生み出すこと
⇒内面美容
2.元気に生まれた肌をスキンケアで維持・育てること
⇒外面美容
食生活による美容(内面美容)と
スキンケアによる美容(外面美容)
を並行して行うことで、より効果的な
アンチエイジングが可能になります
若々しい肌を保つために必要不可欠な成分
ビタミン、コラーゲン、CoQ10、ヒアルロン酸
セラミドなどを含んだサプリメントなどを
積極的に取り入れることで、慢性的な栄養不足に
効果的に働きかけます

この瞬間も生まれている肌の細胞に力を
与えてあげることが美肌への近道なのです


● 天然保湿


表皮をおおっているのが角質です
角質は、よくレンガ造りに例えられます
レンガのような角質細胞とセメントのようなセラミドです


セラミドは、角質に含まれる脂質で
具体的には、スフィンゴ脂質・コレステロールエステル
コレステロール・脂肪酸から構成されています


つまり、セラミドにはコレステロールも必要なのです
アトピーやドライスキン(乾燥肌)には
セラミドが不足しています


肌のカサカサにセラミドを補って
肌のみずみずしさを取り戻しましょう


● ビタミンを摂りましょう


真皮を支えているのがコラーゲンです
肌の張りに関係しています。肌を家に例えると
真皮は土台のようなものです。


土台がしっかりしないと家が傾くように
コラーゲンが不足すると、肌のしわの原因になります

コラーゲンはタン白質ですから
バランスのよい食事が重要です、コラーゲンが
体で作られるのに必要なのが、ビタミンC。肌にいいビタミンCを
取ることも必要です。ビタミンCは野菜や果物に豊富です
ビタミンCは、他にもUVで傷ついた肌から出る
活性酸素を抑えてくれます


● 肌に大切なビタミン群


ビタミン不足は肌あれの原因です
肌に栄養を取ってもらうためにも
食事に気をつけましょう

特に、お肌には、ビタミンB2、ビタミンB6
ビタミンC、ビタミンEは重要です

ビタミンB2は、うなぎ、レバー、牛乳、卵、野菜
しいたけなどによく含まれています。ビタミンB6は
さかな、肉、レバー、牛乳、卵、米、豆など
たいていのものに含まれています。

ビタミンEも活性酸素を抑えますので
お肌に悪い活性酸素を抑えるビタミンを
ぜひ補充しましょう。
ビタミンを含むバランスの取れた食事をおすすめします


● お肌を清潔に・・・


毎日の入浴とシャワーで
汗や肌の汚れを落としましょう

肌の汚れは、細菌のいい餌になってしまいます
汗にも細菌が好む養分が含まれています

石鹸・シャンプーをしっかりと使いましょう
汗や汚れを落とすのに必要です
でも、使いすぎに注意し、しっかりとすすいで
石鹸やシャンプーが肌に残らないように


● 入浴後の保湿は大事・・・


セラミドのような天然保湿に加えて
様々な保湿の塗り薬があります
大きく分けると、肌の水分がなくなるのを
防ぐ薬と肌の水分を保つ薬です


肌の水分がなくなるのを防ぐ薬は
肌の上に鎧のようにコーティングをして
水分の蒸発を防ぐ効果があります


脂質成分がほとんど。ワセリンやオリーブ油・椿油
ひまわり油などの植物油は、肌に脂質を補給することで
肌の乾燥をブロックします


肌の水分を保つ薬は肌から水分を離さないよう
水分保持を助ける効果があります
尿素含有の軟膏・クリームがその効果があります


保湿剤は、お肌に水分がある、入浴・シャワー後が効果的
自分にあった保湿外用薬・化粧水などを使って
いつまでも肌の水分を保持しましょう


日頃のケアが重要ですから
普段からお肌のチェックを欠かさずにしましょう


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、ちょっと気になるシワについて
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________


スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<【特集】シワ対策Part1 | ホーム | 【特集】夏へ向けての紫外線対策>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohadapeach.blog39.fc2.com/tb.php/71-ca336210
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。