FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】肌トラブル

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第59号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第58号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第59号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 肌トラブル
☆☆今週のピックアップ<アトピー性一皮膚炎の場合のスキンケア>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 肌トラブル

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんにちは
あなたの1週間は
どんな1週間でしたか!?


私も出歩くことが
最近多いので、いろんな所で
気をつけることがあるのですが


女性の方は、やはり紫外線が
気になりますよね


そうそう紫外線対策・・・
前回、紫外線について
基礎知識と上手に付き合う方法を
お話しました



今回は肌トラブルについて
お話しすることにしましょう



今、乾燥肌や敏感肌、肌荒れなど
肌トラブルでお悩みの人が増えていますね


なぜなら、乾燥肌などの原因や悪化要因が
ふだん何気なく過ごしている生活の中に
あるからなんですね


■乾燥するお肌・・・


肌は大きく分けて表皮と真皮があります
表皮には一番上に皮脂膜があり
次に角質層があります


この2つの層が肌を「ダニ、ハウスダスト、化学物質、異物」
など外界の刺激やアレルゲンから守るバリアのような
役割をしています。これが肌バリア機能です


健康な肌の条件とは、潤い、なめらかさ、ハリ、弾力、
血色が良い状態をいいます。しかし、20~25歳ぐらいを
ピークにして水分が減少し、新陳代謝が衰えるため
この「健康な肌」の状態が加齢とともに
だんだんと失われていきます。


ですから、肌のトラブルが増えるひとつの要因が
加齢です


肌トラブルの悪化する要素


最近では偏った食生活による
ビタミン、ミネラル不足・水道水の飲用と入浴
・・・水道水に含まれる塩素


肌に刺激が強すぎる化粧品やシャンプー、ボディソープ
化学物質・睡眠不足・ストレス・紫外線などの影響から
若くても水分と皮脂のバランスを崩して
肌のトラブルを抱える人が増えています


このように肌のトラブルの原因は、
誰の身の回りにもあるのです。ですから
どなたでも注意する必要があります


とくに肌の弱い赤ちゃんの乾燥肌、敏感肌、肌荒れなど
肌トラブルがとても増えていますから気をつけたいですね


健康な皮膚とは・・・


皮脂膜と角質層などで構成される表皮が
しっかり外界からの刺激物質
(ダニ、ホコリ、細菌、ハウスダスト)
をガードする肌バリア機能の役目を果たしていること
マスト細胞、神経末端も正常な位置にある


水分の蒸発も表皮が防いでいるため
肌はうるおっていて
表皮はさらに皮脂膜で覆われています
そこには常在菌といわれる菌がおり
病原菌などから肌を守っています


荒れて乾燥した皮膚や
乾燥性敏感肌の状態とは・・・


何らかの要因で、皮脂膜が薄くなり
角質層があれてしまうと、表皮の隙間から
ダニやほこり、細菌など、さまざまな物質が侵入
してくるため、かゆみを感じたり、肌が敏感に・・・


そして水分が蒸発を始めて
潤いを保てなくなり乾燥肌になってきます

荒れた角質層を補うために
皮脂が過剰に分泌されるとオイリー肌になります

マスト細胞はかゆみを感じる
「ヒスタミン」の放出を始めてしまいます
乾燥によるちょっとしたかゆみが始った状態です


さらに乾燥し荒れた皮膚・・・
強い乾燥肌やアトピー性皮膚炎の状態とは・・・


「かゆいからかく」という動作を繰り返した結果
表皮はとても荒れてしまい、ますます刺激物質が侵入し
水分がどんどん蒸発するようになります


水分が蒸発するとますます肌荒れがひどくなり
かゆみが増してきます

乾燥とかゆみがひどく感じるようになり
場合によっては夜も眠れないほど・・・
マスト細胞や末端神経は
皮膚の上部まで上がってきてヒスタミンを放出します


さらに悪化すると弱酸性だった肌の
PH(ペーハー)が、中性から弱アルカリになり
湿潤面(じゅくじゅくしたところ)ができてしまいます


・・・マスト細胞は体内に入ってきた異物を
排除するための信号を脳に送る役割があります
それが腸なら下痢を起こし
食べたものならば吐き出します


それが皮膚の場合は、ヒスタミンを放出して
「かゆい」という信号を脳に送り
「かいて」異物を皮膚から排除するのです


通常は・・・
「皮膚をかく」
「異物を排除する」
「表皮が回復」

となるのですが
かいた後も表皮が回復できない状態にあると
かいてもかいても異物が侵入してくるので

今度はかくという行為が
皮膚のバリア層を破壊してしまい
そこからさらに異物を侵入してきますから
かゆみがあったり、敏感肌になってしまい
さらにかき壊すという悪循環を起こしてしまうのです


このように、乾燥肌とは肌の皮脂の分泌が
衰えていることに加えて、程度の差はありますが
表皮がダメージを受けている状態です

とくに角質層には「セラミド」という成分が
中心の細胞間脂質によって、肌バリアが
形成されていますが、乾燥肌はセラミドが
不足して、肌バリア機能が衰えている状態です



ですから肌乾燥や乾燥によるかゆみに
対するスキンケアとしては
表皮の上にある皮脂膜に加えて
バリア機能を補うことが大切なのです


肌のバリア機能が整えば
水分の蒸発を防いでかゆみの原因となるダニ
ハウスダスト、化学物質、異物など
外界の刺激やアレルゲンの肌への侵入を
防ぐことができるのです


この肌バリアを整えるためには
角質層の主要な成分であるセラミドを
補うと有効であることがわかってきました


ただ、表皮が傷つく要因が生活の中にあると
スキンケアをしても、また肌が傷ついてしまいます

また、肌の形成には、ミネラルやビタミンなどの
栄養素が必須です。これらが不足していると
健康な肌を維持できず、肌が衰えていく要因になります
食生活にも気をつけましょう


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<アトピー性一皮膚炎の場合のスキンケア>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________




とくにアトピーの人は、
バリア機能が著しく壊れておりますから


よりたくさんの物質が侵入してくるため
それがまた刺激となってまた肌を掻き壊してしまい


さらに肌のバリア機能壊れて、もっと大量の刺激物質が
入ってくるという悪循環がひどい状態です


低刺激で適切なスキンケアで
バリア機能を保つことはとても大切です


肌にじゅくじゅくした湿潤面がある場合は
弱酸性のはずの肌のPHバランスが崩れて
中性やアルカリ性になっていることがあります


通常、皮脂膜の上には弱酸性に適した
「常在菌」と言われる菌類が生きています
これらは通常は人間に害はありません


しかし、肌が中性やアルカリ性になってしまうと
常在菌がいなくなってしまい、そこに害を及ぼす細菌が
ついてしまうことがあります


その場合は、酸性水がおすすめです
肌のPHバランスを取り戻してくれます


しかし、通常の酸性水は肌を傷つける塩素が
とても多く含まれていることや、すぐにその効力が
失われてしまうことから、強い殺菌力を活かした
短期の使用にしか適していません


また、開封後、すぐに効果がなくなります
そこで塩素を含まないで開封しないでも使える
スプレータイプの超酸性水がおすすめです



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、上手なスキンケアの方法を
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<【特集】上手なスキンケアの方法 | ホーム | 【特集】紫外線と上手に付き合う方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohadapeach.blog39.fc2.com/tb.php/59-bbb1aa42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。