FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】ガイドラインでの例外


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第47号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第46号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第47号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ガイドラインでの例外
☆☆今週のピックアップ<ステロイド外用薬って…>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ ガイドラインでの例外

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


みなさんこんばんは
いかがお過ごしですか!?



さて、前回はステロイド外用薬の種類と強さ
ということで製品には強さ弱さが5段階に
分かれていて、その選択の基準などを
お話しました



今回はガイドラインでの例外という事で
お話させていただきたいと思います



例外として以下のものをあげています。

1. 幼児に対して
ステロイド外用薬を使用する場合、
選択基準よりひとつ弱いものを使用する。



2. 顔面はステロイド外用薬の吸収率が高いので、
原則として「弱い」以下のものを使用する。


また、連続使用する場合は
1週間を限度とし、それ以上使用する場合は、
間欠的に使用し、その後使用を中止したら、
ある程度期間が経つまでは再使用しない。



3. 顔面や首、ステロイドの副作用が
起きている箇所にはステロイドよりも
薬効が高く副作用の少ない「免疫抑制剤」の


タクロリムス外用剤(製品名:プロトピック)を
積極的に使うが、16歳以下の子供や妊婦に対する
安全性が確立されていないので、それらの


対象者には使用しないことと、使用する場合は
2週間を限度とする。


ステロイド外用薬の使用期間に関しては、
「1日の使用量を5~10グラムとして、


3ヶ月間までなら、一時的な副腎機能の
抑制による副作用が起きても、使用をやめれば
副腎機能が元に戻る」としていますが


「2週間程度の使用であれば、副腎機能は一過性で
しかも中止後速やかに回復する」という


別の報告もあるため、安全考えると連続使用は
2週間程度にして、その後徐々に使用の


間隔を開けて行き、保湿剤に切り替えていくのが
よいと思います。


なお、保湿剤は抗炎症成分の配合されたものを選び、
細菌感染を防ぐために、殺菌作用があり皮膚に


刺激のない殺菌成分などを自分で混合して
使用することで、リバウンドを最小限に
抑えることができます。


いずれにせよ、ステロイドは副作用があるため
極力使用しないことをおすすめしますが、
すでに長期間使用している場合は、


急に脱ステロイドをすることは合併症の
危険性がありますので、上記のように、
徐々に中止するようにしてください。



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ステロイド外用薬って…>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________




ステロイド外用薬は、
そもそもアトピー性皮膚炎を
完治させるための薬ではなく、


炎症がひどく保湿剤では症状を
コントロールできない場合に、


期間を限定して炎症を鎮めるために
使用するための薬です。


そして、ご存知の通り、
様々な副作用があるため、正しい知識を
持たずしてむやみに使用することは
確かに危険といわざるをえません。


しかし、塗る箇所や症状の度合い、
また、顔や腕などによる吸収力の違い、


そして、使用期間の限度や使用を中止する際の
方法などを考慮して正しく使用すれば、


副作用を発生させることなしに
使用することも可能なのです。


今日、マスコミや民間療法によって
作られたステロイドに関する様々情報が
氾濫するなか、患者の不安と混乱をなくすため、


ステロイドに関する正確な知識は、
医者が患者にきちんと説明すべきなのですが、
そのような医者が数少ないことも事実です。


それらの状況から自分自身の身を守るためにも、
私たちは、ステロイド外用薬の薬効や副作用などの
知識を自ら持って、その上でステロイドを


使用するかしないか、また、使用するならば、
いつどのように使用するかを冷静に判断していく
必要があるのです。


そして、最終的にはステロイドを
使用しないでも症状をコントロールできる技術を
自分で身につけることが最善の治療法なのです。




_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、体験談のお話をしたいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/
(返信の際、若干お時間をいただく場合があります)

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<【特集】体験談 | ホーム | 【特集】ステロイド外用薬の種類と強さ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohadapeach.blog39.fc2.com/tb.php/47-723c7af4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。