FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

冬のダメージ

___________________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第34号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
         「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
___________________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第33号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第34号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆冬の素肌
☆☆今週のピックアップ<冬のダメージ>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

__________________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 冬の素肌

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_________________________________________
みなさんこんばんは
紅葉も終盤に差し掛かりましたね!!


あなたは見に行きましたか!?
わたしは見に行きましたよ~


とっても綺麗でした
新鮮な空気も体全体に浴びましたから^^


今は山間から平地へ
紅葉がすすんでいますね~


もう11月、あと1ヶ月ちょっとで
今年も終わりです


さて、あなたのお肌の調子は!?
しっとりツヤツヤですか!?


冬特有の乾いた外気、暖房でカラカラの室内、
肌を刺す冷気、室内外の激しい温度差などなど


様々な悪状況が重なることによって、
私たちの肌を取り巻く冬の環境は一年で
最も厳しいものになります。


何の対策もないままに冬を漫然と過ごしていては、
夏~秋に生まれたエイジングサインはみるみるうちに
深刻化し、本格的なシミ・シワ・たるみとなって
私たちの肌に定着してしまいます。

秋が「肌の老化が加速する季節」だったのに対して、
冬は「肌の老化が定着する季節」
女性のアンチエイジングは、冬が正念場です。


☆ 冬は空気の乾燥が激しい

冬の空気は一年で最も乾燥していて、
肌の水分を容赦なく奪っていきます。


乾燥によって肌表面の角質層が剥がれてしまい、
肌の水分を保つ働きが著しく低下してしまうのです。


一年中同じスキンケアだなんてもってのほか。
他の季節と同じケアでは瞬く間に肌が乾燥し、
小じわ・たるみなど、肌の老化を招きます。



☆ 暖房で室内の空気は乾燥します

冬の空気はただでさえ乾燥しているにも拘わらず、
密閉された部屋の中で暖房を使用することによって
部屋の湿度はさらに低下しカラカラに乾いてしまいます。


また、温度は高いのに湿度が低いという状況は
肌の水分が失われやすい最悪の状況です。


朝目覚めたときに、喉がカラカラに渇いて
痛くなることはありませんか?そんな時は、
私たちの肌も同じようにダメージを負っているのです。



☆ 皮脂の分泌が低下しています

皮脂には、1・肌の水分を保つ 
2・バリア機能で刺激から守る
といった大切な働きがあります。


基礎化粧品でいうところの
乳液やクリームのような役割を担っているのです。


ところが冬になると気温が下がることで
皮脂の分泌量は著しく低下し、夏の約50%以下にまで
落ち込んでしまいます。


皮脂が不足した肌は、
水分がどんどん蒸発し、外界からの刺激に対しても
無防備になってしまいます。



☆ 寒さによる血行不良や新陳代謝の低下など

毛細血管は肌の隅々まで
栄養を運び老廃物を回収する
「美肌を支えるネットワーク」です。


ところが、寒さによって毛細血管が
萎縮すると血行不良になってしまいます。


その結果、ターンオーバー(新陳代謝)が
遅れ古い角質が長く居座ってしまうため、
1・柔らかさやハリを失うことによるシワやたるみ、
2・メラニンが排出されないことによるシミ、
3・角質が厚くなることによるくすみ などが
発生しやすくなってしまいます。


__________________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<冬のダメージが引き起こす>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
__________________________________________

夏~秋に浴びてしまった大量の紫外線。
私たちの肌は紫外線によるダメージで
ハリや弾力を失ってしまっています

そこに追い討ちをかけるのが
秋冬の厳しい乾燥です。

紫外線によるダメージを悪化させて、
シワやたるみへと
深刻化させてしまうのです。

乾燥によって肌表面の角質は薄く硬くなり、
ハリが失われてしまいます。

表情の変化や重力の影響を
受けやすくなるため、シワやたるみの
定着を招いてしまいます。


夏~秋に浴びてしまった大量の紫外線。
私たちの肌は紫外線によるダメージで
ハリや弾力を失ってしまっています(=光老化)。

そこに追い討ちをかけるのが
秋冬の厳しい乾燥です。

紫外線によるダメージを悪化させて、
シワやたるみへと深刻化させてしまうのです。
乾燥によって肌表面の角質は薄く硬くなり、
ハリが失われてしまいます。

表情の変化や重力の影響を
受けやすくなるため、シワやたるみの
定着を招いてしまいます。


シミやくすみを招く代表格が
「ターンオーバーの遅れ」。


冬の寒さで毛細血管が萎縮し
血行が悪くなることで
肌の生まれ変わりが
不調になってしまいます。


ターンオーバーが遅れるとメラニンを
スムーズに排出で着なくなってしまうため、
しみの発生や悪化を招きます。


また古くなった角質が長く居座り続けるために
肌のトーンは暗くなり、くすみが目立ち始めます。
目の下にクマができやすくなるのも血液の流れが
悪くなるためです。


☆ 裏技のテクニックの1つ


いつまでも美肌を保っているためには
手をこまねいてばかりもいられません!

冬のアンチエイジングのテーマはふたつ。
「徹底保湿」と「ターンオーバーの促進」です。
夏から始まったダメージをきちんとリセットして、
肌老化のスパイラルを断ち切りましょう。


時間がない“オトナの女”。バスタイムは
シャワーで済ませたいというのは百も承知。
ですが「毎日の入浴はエステ通いよりも肌に良い」
と言われるほど、入浴は美肌には欠かせないキーワードです。

毛穴がきれいになったり、便秘が良くなったり。
そして何より血行が良くなることで
肌のターンオーバー(新陳代謝)が活発になります。
肌が規則正しく生まれ変わることは
「透明感、ハリ、潤いを保つ大前提です」。


お湯の温度は「40℃くらいのぬるめがベスト」。
寒い冬は熱いお湯に浸かりたいところですが、
肌の保湿成分や皮脂が失われやすいので
逆効果です。


半身浴で20~30分浸かって
体をポカポカに温めましょう。
血行が促進され新陳代謝が活発になります。

また、体を洗うときに
「ゴシゴシと強くこするのは絶対やめましょう」
肌に必要な皮脂や角質までも削り落としてしまい
乾燥を招きます。

上がったらすぐに保湿ローションや
クリームで全身をくまなく保湿。
このひと手間を加えることで乾燥による
かゆみを抑え、「冬に負けない“全身柔肌”」に育てます。


ターンオーバーが乱れてしまった肌は、
古い角質が溜まりがちになっています。
洗顔料はケチらずたっぷりと使用し、
密度の濃い泡を沢山つくって
肌に馴染ませるように洗い上げます。


決してこすらず、だけど素早く。
「肌へのダメージをできるだけ少なくする」ために
手際よく洗い上げましょう。
古い角質をキレイにオフすることで
ターンオーバーを促進し、全ての肌の悩みに働きかけます。


寒い冬こそお湯での洗顔をやめて
“水洗顔”を取り入れます。


お湯での洗顔は必要な皮脂まで洗い流してしまい、
肌の乾燥を悪化させてしまうためです。


水(ちょっと冷たいかな?と感じる程度)で洗顔することで、
「必要な皮脂や保湿成分を残しつつ汚れだけをオフする洗顔」を
目指しましょう。


さらにお勧めなのが「洗顔料を使わない洗顔」。
朝目覚めて極度に皮脂が浮いていないようなら
ベストな状態に近いということ。

「朝の洗顔では洗顔料を使わない」のが効果的です。
数日続けると、肌の調子に良さに気付くはず。
冬の洗顔では肌本来の潤いを守る配慮が欠かせません。


フェイスタオルを水で濡らして軽く絞ります。
絞ったタオルをビニール袋に入れて
電子レンジで1分程度温めます。

あまり熱いと逆に肌に悪いので
温度を調節してから顔に乗せましょう。
くれぐれも火傷にはご注意くださいね。

※気持ちよいのでしてしまいがちですが、
蒸しタオルで顔を拭いたり擦ったりするのは
やめましょう。必要な皮脂や保湿成分を失ってしまいます。



__________________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
__________________________________________


最後までお読みいただき、ありがとうございました。
これからひび・あかぎれ日誌では読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、紹介される運びとなりました

お時間があるときは聴いてみて下さい^^


●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!



●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます


●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策
掲載URL
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧下さい^^




只今、アンケートを募集しております。
アンケートに応募された方には、知ってためになる
ステロイド剤一覧表または経費毒関連一覧表を差し上げています。



☆☆☆アンケートの内容ですが☆☆☆


1. お肌で悩んでいることは何ですか?
2. その悩みで辛かったことは?
3. 悩みが解消したら何をしたいですか?
4. 悩みが解決したらどんな自分になりたいですか?
5. あなたの欲しい情報は?



☆アンケートの応募は下記のURLよりお申し込み下さい。
http://www.winwinzoon.com/order2.html



*1~5までご記入された方の申し込み順に
 PDFデーターつきのメールを送付いたします。

------------------------------------------

*PDFデーターを見るには
PDF(Portable Document Format)はアドビ社が開発した
Acrobat Reader(無料)をダウンロードしてください


ダウンロードURLはこちら
http://www.adobe.com/jp/products/acrobat/readstep2.html



ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)


* 次回は、久々に体験談を載せようかと思います
お楽しみに^^

__________________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
スポンサードリンク
_______________________________________
****************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
****************************
□□□□□□□□□□□□□□□
【正真正銘のビジネスモデル】です
本気モードのあなただけに見て欲しい・・・
http://www.insiderscoachingclub.com/affili/cgi-bin/aff/agree.cgi?md=l&aid=001&pid=00049&bid=001&bt=2
□□□□□□□□□□□□□□□

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
<<グリセリンと対処法 | ホーム | マッサージ療法後編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://ohadapeach.blog39.fc2.com/tb.php/35-a6ff466c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。