スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】改善すべき肌のトラブル


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第75号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんにちは、発行人のKENNYです
第74号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第75号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 改善すべき肌のトラブルPart1
☆☆今週のピックアップ<お肌の状態に合ったケア>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 改善すべき肌のトラブル

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
お盆も終わり朝夕は
だいぶ過ごし易くなりましたね


あなたはお出掛けしましたか!?
南の島で!?ゆったりと・・・


「違う?おうちでのんびり!?」
私は前半天気が雨で、どこへも
出掛けられませんでしたが


後半は友達とゆっくり
時間を過ごす事が出来ましたよ^^


天気も良かったので
結構日に焼けましたね~


あなたのお肌は大丈夫!?


今は総選挙一色ですが
メルマガとは
・・・まったく関係ないんですけどね^^;



さて、本題に入りましょう
前回は、肌老化とアイケアでしたね


皮膚の薄い所・・・
特に目ですよね~年齢を感じさせる所・・・


年を重ねると、ついつい厚化粧に成りがち^^;
また、化粧を落とすのも一苦労・・・


クレンジングや洗顔で保湿成分も
奪われて乾燥も速まります



● 乾燥肌の改善
「乾燥がお肌にもたらすもの…」

・薄く硬いシワができやすい肌
・ハリも弾力もなく、たるんだ肌
・ひび割れて、刺激物質や細菌が入り込みやすい弱い肌
・かさかさで化粧ノリの悪い肌

・・・などなど
乾燥肌のマイナス点を
言い出したらきりがありません


また肌の乾燥は、あらゆる肌老化の原因
といっても過言ではありません…


「ズバリ乾燥肌は何を求めているか?」
「どのような保湿化粧品があればいいのか?」


そんな保湿化粧品選びのコツがわかれば
乾燥肌なんて怖くありません

乾燥肌が求めている正しい保湿化粧品を使って
ぷるぷる赤ちゃん肌をゲットしましょう

● 乾燥肌と保湿成分
よく聞くことば「角質層」

お肌はミルフィーユのように何層にも分かれていて
そのいちばん上、外界と直接接している層が角質層です

角質層には外界の刺激物質・細菌から守る役目と
肌の潤いを保つという大事な役目があり
わずか 2000 分の 1 ミリの厚さしかありませんが
実に15~40%の水分を含んでいます

この角質層に水分をたっぷり含んだ状態が
肌が潤った状態であり、水分が少ない状態が
乾燥肌というわけです
保湿の3因子とは・・・

肌の潤いを左右する角質層には様々な
保湿成分が含まれていて、その代表的なものが
保湿の3因子と呼ばれています

1.セラミド(細胞間脂質)
 水の分子を包み込んで逃がしません
2.皮脂
3.天然保湿因子 
 アミノ酸・尿素などからできています


圧倒的な保湿力を誇るセラミドと
他の2つが互いに働きあって
私たちの肌を乾燥から防いでいます

ところが・・・残念なことにこれらの保湿成分は
毎日の生活(メイク落とし・洗顔・温度差など)
で簡単に失われてしまいます


乾燥肌とは、このような保湿3因子が
失われることにより、肌本来の潤いを
保つ働きが機能していない状態を指します

このような状態の肌に化粧水などで
水を中心に水分補給しても
ザルに水を注ぐようなもので
効果的とはいえません


乾燥肌を改善する為には
まず、失われた保湿成分を
補うことが先決といえます

つまり保湿とは水を補うことではなく
「保湿成分を補うこと」なのです

● お肌が求めている化粧品とは・・・


保湿化粧品に含まれる成分で頻繁に目にするものを
保湿力の高いものから順にご紹介します


潤い肌を目指す為にも、これらの成分を含んだ
化粧水・美容液・クリーム・乳液を使うことをオススメします

1.水分を包み込んで逃がさない成分


・セラミド 角質細胞間脂質の約4割を占める
湿度が下がっても水分を逃がさない
・スフィンゴ脂質 セラミド以外の細胞間脂質
・レシチン 大豆から取れる成分でセラミドと
似た働きをする

2.水分をたくさん含んで逃がさない成分


・ヒアルロン酸
・コラーゲン 肌内部では弾力を保つのに働いているが、
 皮膚の上から塗った場合には真皮まで
 吸収されずに保湿成分になる
・エラスチン
・ヘパリン類似物質
3.吸湿力のある成分

・天然保湿因子(アミノ酸・尿素・PCA)
・PG、グリセリン、BG
4.油分でふたをするもの

ツバキ油、ホホバ油、ミンクオイル、スクアランオイル、ワセリン


なんとなく「はじめは化粧水、次に美容液
最後にクリーム付けてハイOK」では
気休め程度の乾燥肌対策しかできません


目的を持って、ちょっと配合成分に気を使うだけで
お肌の反応はグッと変わります

保湿化粧品を選ぶときは
「肌本来の働きを助ける保湿成分」が
含まれているものかどうかをチェックして
お肌の乾燥度に合わせて選んでみてくださいね




_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<お肌の状態に合ったケア>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


水分を閉じ込めるのは本来でしたら
皮脂の役割なのですが

年齢が進んだ肌は皮脂の
分泌量が減少しているため
皮脂の代わりにクリームを使用して下さい


また、外から保湿成分を
吸収しようにも限度はありますから
体の内側からも摂取する事も大事です



●お肌の状況にあったケア・・・

1.洗顔→2.化粧水→3.美容液→4.乳液→5.クリーム・・・
基礎化粧品を同じブランドのラインでしっかりと揃えて
〇〇さんに教えてもらったマニュアル通りに毎日しっかり
このような女性が多いようです

でもお肌の状態は毎日変わっているのに
同じスキンケアの一点張りでいいのでしょうか?

季節や天気、食べている物や心の状態によって
お肌の状態は毎日変化しています
その変化に応じて自分で「さじ加減」してあげることが
肌を健康に保つ上で大切なファクターです


では毎日のお肌の変化に対応する為に
最低限なにを揃えておけばよいのでしょうか・・・

まずメイクをする方はメイク落しですね
クリームか乳液タイプの洗い流せるものをオススメします

・・・いま主流のオイルクレンジングは
顔中に塗ったオイルを水で洗い流す為に
お肌に悪い界面活性剤をもっとも多く含んでいます


また、TV コマーシャルでご存知の
拭き取りタイプは最も刺激が強く
加えて、カビさせない為の防腐剤も
多く含んでいるため肌荒れの原因となります
お肌のことを考えると、このふたつは避けるに
こしたことはありません


次に、洗顔料。乾燥肌の方にも、しっとり系より
「さっぱり系」をオススメします

洗顔で大事なのは
半端に油分を与えることではなく
クレンジングでの落とし残しや油分を
しっかり落すことです


しかもできるだけ「短時間」で
最近は各メーカーともに
がっちりクレンジング+しっとり洗顔が
流行のようですが


肌のためには・・・
優しくクレンジング+さっぱり洗顔ですね


あとは、保湿成分を含んだ化粧水
(アルコールがきつくないもの)+セラミドや
ヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ美容液


+保湿成分を含んだクリーム
これらがあれば毎日の肌の変化に
対応して乾燥対策ができるでしょう

⇒これらは同じブランド・メーカーで
揃える必要はまったくありません


化粧品はクスリではないので
「混ぜるな危険」ってことは一切ありません

スキンケアの達人は、
「化粧水はココ、美容液はこれがイチバン」と
ブランドにこだわらずに選んでいるようです


洗顔後、化粧水を顔全体になじませ
Uゾーンに美容液、乾燥しがちな目や口の周りにだけ
クリームを付けていくというのが基本的な保湿の方法です
この方法をベースに毎日の肌の状態に応じて
アレンジしていきましょう

毎日のお手入れは朝起きたときの
肌の状態を見ることから始まります

もし皮脂が浮いてベタベタするようだったら
その日のスキンケアは油分を抑え水分補給を中心にします

こういう日は皮脂分泌が活発だ
ということですので、洗顔で油分を落しても
数時間後にはまた皮脂が出てきてしまいます


Uゾーンはいつもどおりに美容液をつけて
目元・口元もクリームではなく美容液にする
またはクリームを少量にする、などで対応します



反対にカサカサと乾燥しているようでしたら
化粧水の後、いつもだったら U ゾーンにだけ
つけていた美容液を顔全体に馴染ませ
さらに U ゾーンや目元口元にはクリームや
乳液をつけて油分を補給しましょう


顔の部分によって、ベタベタ・カサカサが
分かれている混合肌の場合もすることは同じです


まず、顔のどの部分がベタついているのか
どこが乾いているのかをしっかりチェックします


べたつくところだけ 2 回洗顔したり
カサつくところだけ美容液を重ね塗りする

美容液+クリームにするなど
部分によってスキンケアを変えてあげます


このように、毎朝のお肌の状態に合わせて
ケアしてあげることが肌のトラブル・乾燥を防ぎます。


大切なのはお肌と会話して
何を欲しがっているのか聞いてあげること
そして、しっかり与えてあげることです
ここに挙げた方法は一例に過ぎません
自分に合った方法を探してみてくださいね


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、『化粧品は手でつける・・・』
  についてお話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

スポンサーサイト
  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。