FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】疾病別食事療法その1高血圧

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第66号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第65号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第66号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 疾病別食事療法その1高血圧
☆☆今週のピックアップ<高脂血症に注意>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は不定期です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 疾病別食事療法その1高血圧

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
ここ2~3日天候が
荒れそうですね・・・


こんな日はお家で
ゆっくりと過ごすのも
いいかもしれません^^


さて、前回は栄養のバランスについて
お話しました・・・



初回のメルマガで
ひび・あかぎれの話から
いつの間にか、体全体の話にまで
広がってしまいましたが^^;


食事というものは体を作る源です
食べたものは血となり、肉となり
あなたの体の組織を作ります



病気にならない体作り=健康=若さ=美しさ・・・
・・・ちょっとオーバーですか^^;


いづれにしても
切っても切れない関係ですから



その意味合いも込めて
お伝えできればと考えています



栄養のバランスは誰しも
考えている事だと思います



ですが、どうしてもバランスよく
とは、なかなか行かない時も
ありますよね・・・


そんな時は・・・どうでしたっけ!?
・・・マルチビタミン!?それもアリですね^^


前回のお話では、ポイントを絞って
紹介してますから、わかりやすいと思います
是非、参考にして下さいね


今回は
疾病別食事療法のなかで
高血圧についてお話したいと思います


● 高血圧

高血圧は動脈硬化を招き
さらに虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や
腎臓病、脳血管疾患を引き起こす要因の1つとなります
高血圧のなかには食事療法で改善が
期待できるタイプもあります


食事療法の基本は・・・


1.減塩しましょう

高血圧の患者さんの中でも
「食塩感受性」の方は食塩の摂取量で
大きく血圧が変動しますので
減塩が最大のポイントになります
「非食塩感受性」の方も減塩は大切な要素です
大量に発汗した場合を除けば、
1日の塩分摂取量は2g程度で十分です
多くても7g以下に抑えるようにしましょう



2.適切なエネルギー量を摂りましょう

肥満は血圧を上げる要因です
栄養士の指導を受け、標準体重を保てる
エネルギー量の食事をしましょう


3.バランスよく食べましょう

エネルギー源は穀類、いも類、豆類から
とるようにします。また、野菜中心の脂質を
抑えた食事を心がけましょう


ビタミン、ミネラルを積極的に
とるのも大切なことです


ただし、腎臓病の方はカリウムの制限が
必要な場合があります
医師や栄養士の指導を受けてください


4.アルコールは控えめに・・・

多量のアルコールを飲み続けた場合
そうでない人より血圧が高くなります
飲酒量は1日の許容範囲にとどめ
週に1、2日はアルコール抜きの日を
つくりましょう



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<高脂血症に注意>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



前回のピックアップは
食物繊維とアルコールでしたね


ビールなら中瓶1本、日本酒は1合
ウィスキーはダブルで1杯までが
病気のない一般の人の適量です


・・・以外にお酒の適量って
少ないでしょう^^;
あなたも飲み過ぎていませんか・・・!?


● 高脂血症

高脂血症は動脈硬化を引き起こす
大きな要因です


高脂血症はそれ自体、自覚症状が
あるわけではありません


しかし、放置しておくと
高血圧、動脈硬化、糖尿病などの
原因や誘因となり、脳血管障害や
心筋梗塞を起こす可能性も高まります


従って、早期発見をすることが大切で
発見された場合はたとえ自覚症状がなくても
長期の根気ある治療が必要になります


食生活の変化から、中高年世代だけでなく
10代、20代の若い人たちの間でも
高脂血症患者が増える傾向にあります


患者さんの中には、遺伝的な素因のほか
肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症
糖尿病から高脂血症を併発している
方もいます


また、肥満に伴って
この症状がみられる患者さんもいます


血液中の脂肪でとくに問題になるのは
コレステロールと中性脂肪です


高脂血症の患者さんでは、
両方の数値が高いケースが多くみられます
食事療法とともに、適度な運動も行いましょう



食事療法の基本

1.適正体重、適正カロリーは・・・

一般に、成人の脂質摂取量は
1日のエネルギー所要量の20~25%が
望ましいとされています


脂質の摂取量を減らすことは
エネルギー量を減らすことですから
肥満の解消にもなります


2.アルコール、甘いものは控えめにしましょう

アルコールや甘いものは食事を
不規則にする要因になります
また、中性脂肪を増やす直接の
原因にもなりますので気をつけましょう


3.食物繊維を摂りましょう

食物繊維には血中のコレステロール値を
下げる効果があります


野菜、海草類、豆類、いも類、こんにゃくなどを
メニューにとり入れて、積極的に食べるように
しましょう


4.1日3食きちんと食べること

不規則な食事は脂肪を体内に
ためる原因になります
3食きちんと食べ、間食や夜食をとらない
食生活をしましょう



やはりビタミン・ミネラルは・・・
生命を維持するための生理作用に
必要不可欠・・・
食物繊維と一緒に摂りましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、疾病別食事療法Part2について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 食事療法
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。