スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】栄養素 Part2

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第55号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第54号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第55号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 栄養素Part2
☆☆今週のピックアップ<脂肪酸とその特徴>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 栄養素Part2

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


今週はどんな
1週間でしたか


今回も前回に続き
栄養素のご案内です


体調も壊しやすいですから
ビタミン・ミネラル・栄養素
バランスよく摂りましょうね^^



今回は栄養素の中で
中性脂肪をメインにお話したいと
思います



・中性脂肪

中性脂肪はエネルギー源である脂肪酸の貯蔵形態で、
食事から摂取する脂質の大部分を占めます
余った脂質、糖質、タンパク質は中性脂肪となって
脂肪組織や肝臓に貯蔵され、必要に応じて分解されて
エネルギーとして使われます


・コレステロール

コレステロールはホルモンや胆汁酸の材料になるほか、
脳や神経などの細胞膜の構成成分となります
体内のコレステロールのうち食べ物からとり入れられたものは
約3割にすぎず、残りの7割は体内で糖質や脂肪酸を
材料に主として肝臓、皮膚、腸粘膜などで合成されたものです


・リン脂質

リン脂質は細胞膜や脳の組織の構成成分となります
疎水性物質の親和性を保つ役目をしています


●たんぱく質
たんぱく質は多数のアミノ酸がつながったもので、
生体のたんぱく質は約20種のアミノ酸からできています
そのうち、人間の身体に必要でありながら体内で
つくることのできないものを必須アミノ酸といいます

体中にとり入れられたたんぱく質はアミノ酸に分解されて、
筋肉、皮膚、毛髪、爪、臓器、神経などの細胞組織の成分や、
酵素、ホルモン、免疫物質、筋収縮や輸送に関与する物質など、
それぞれの働きに必要なタンパク質に生合成されます

また、糖質の摂取量が足りないときには、
分解されてエネルギーとして消費されます
このため、糖質の不足はたんぱく質の本来の
機能を奪うことになります。



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<脂肪酸とその特徴>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



代表的な脂肪酸とその特徴

●飽和脂肪酸

☆パルミチン酸<動植物油に広く分布>

☆ステアリン酸<動植物油に広く分布>

*融点が高く、常温で固体。
とりすぎると肝臓でのコレステロールの形成を促進し、
血液中のコレステロール濃度を上昇させます


●不飽和脂肪酸

☆オレイン酸<動植物油に広く分布>

☆リノール酸<植物油一般>

☆リノレン酸<植物油一般>

☆アラキドン酸<動物性油脂>

☆イコサペンタエン酸(IPA)<魚油>

☆ドコサヘキサエン酸(DHA)<魚油>

*融点が低く、常温で液体。
血液中のコレステロール濃度を低下させる働きがあり、
動脈硬化の原因となる血栓の形成を防ぎます

☆バランスの良い食事とは・・・

食べ物から得られる栄養素には、
体を健康な状態に保つための重要な働きがあります

それぞれの栄養素の働きが複雑に関わることで
体の状態が健康に保たれているので
食事の内容に偏りがあると、せっかくとり入れた栄養素が
十分に働くことができなかったり

余分な栄養素が蓄積されて肥満となり
やがては生活習慣病を招くことにもなります
バランスのよい食事を、決まった時間に
必要な量だけとることは、健康を維持する基本となります。



今回は詳細については書ききれないので
次回、お話させていただきます^^

内容としては・・・

主食(炭水化物などによるエネルギー源)
主菜(主要なたんぱく質・脂質源)
副菜(ビタミン・ミネラル源)


などについて
お伝えしたいと考えています

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、主食、主菜、副菜の
組み合わせについてお話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. ヘルスケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:2

【特集】栄養素Part1

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第54号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第53号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第54号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆栄養素Part1
☆☆今週のピックアップ<食べ物は命のみなもと>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 栄養素Part1

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________
こんばんは
みなさんいかがお過ごしでしょうか^^


前回はミネラルについて
お話致しました


今回は栄養素について
お話したいと思います


栄養素の役割とは
何でしょうか!?


まず
栄養素はその働きによって・・・

 1)エネルギーになるもの
 2)からだをつくるもの
 3)からだの調子を整えるもの
の大きく3つに分けられます。

エネルギーになるものは主に
糖質(炭水化物)、脂質ですが、糖質の摂取量が足りないと
たんぱく質が分解されてエネルギー源となります


安静にしていても、臓器を動かすなど
生命を維持するためにはエネルギーが必要です
また活動量が多いほど、たくさんのエネルギーが使われます


逆に、活動量で使う分より多くの糖質や脂質をとると
その分は身体に蓄積されます

からだをつくるものは、筋肉や髪や爪などを
つくるたんぱく質、骨や歯をつくるミネラルのほか
細胞膜などをつくる脂質の3つです


中でもたんぱく質は身体の
すべての部分をつくることに関係しています
からだの調子を整えるものはビタミンとミネラルです



体温を調節したり、体内で必要な物質をつくったり
神経の働きに関わるなど、身体の状態を一定に
保つために大事な栄養素です


ビタミンの一部を除いては体内で
つくることができない物質なので
食事からとり入れなければなりません


バランスのよい食事とは、これらの3つの要素を
必要量に見合った分だけとり入れられる食事を意味しています
それでは個々の栄養素についてみてみましょう



●糖質(炭水化物)

糖質はエネルギーになる栄養素の中で最も重要なものです
日本人の一般的な食事では、摂取エネルギーの
60%前後を糖質で得ています


米、小麦など主食として食べられる穀類のほか
いも類、とうもろこしなどに含まれています

また、果物や砂糖に含まれる糖質もエネルギーとなります
糖質はエネルギーとして使われるほか
脂質の代謝にも関与しています

余った糖質は、グリコーゲンや中性脂肪に
形を変えて体内に貯蔵されます



●脂質

脂質は少量でも高カロリーの効率のよいエネルギー源です
1gの糖質またはたんぱく質の持つエネルギーは4kcalですが
1gの脂質は9kcalのエネルギーを発生します


また、貯蔵脂肪としてエネルギーの貯蔵にも役立っています
このほか脂質には、細胞膜を構成する
身体の機能や生理作用を一定に保つ
食品の脂質部分に含まれる脂溶性ビタミン
(A、D、E、K)の供給源となる、などの働きがあります


血液中に含まれる脂質には脂肪酸、中性脂肪、コレステロール
リン脂質の4つがあります。次にそれぞれの特徴をあげます



脂肪酸

脂肪酸は直接エネルギー源として使われます
また、血圧調節、血液凝固、免疫機能などの
さまざまな調節機能に関わる生理活性物質の材料となったり
生体膜の構成成分となります


脂肪酸は構造の違いにより飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸に分けられます
食品にはこれらが混合して含まれていますが
動物性脂肪には飽和脂肪酸が多く、植物油や魚類の油には
不飽和脂肪酸が多く含まれています。不飽和脂肪酸のうち
リノール酸、リノレン酸は正常な発育や機能の維持に
不可欠でありながら体内で合成できないため
食事から摂取しなくてはならず、必須脂肪酸と呼ばれています


飽和脂肪酸には血中のコレステロールを増やす働きがあり
反対に不飽和脂肪酸にはコレステロールの胆汁への排出を促進して
血中のコレステロールを下げる働きがあります


しかし、不飽和脂肪酸にもとりすぎると
動脈硬化やアレルギー反応などに悪影響を与えることもあることから
特定の脂肪酸に偏ることなくバランスよく摂取することが大切といえます
一般的に、脂質の摂取は飽和脂肪酸(動物性脂肪)1に対して
不飽和脂肪酸(植物性油や魚類の油)2の割合が望ましいとされています



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<食べ物は命のみなもと>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


食べ物は命のみなもと


現在の私たちの食生活は、豊富な食材に恵まれ
多様な味わいの料理を楽しむことができます



食事は家族や親しい人たちとの
コミュニケーションの場であり
新しい人との出会いの場にもなります


またお正月や節句など
行事や風土と結びついた文化的な側面もあります


食事にはさまざまな機能や楽しみがありますが
その原点は、生命の維持です

自然界のあらゆる生き物と同じように
人間も食べ物に依存して生きています


従って、食事の内容は身体の機能に
さまざまな影響を与えます
食事と身体の関係を、原点にかえって考えてみましょう


生物が外界から食物を得て、生長し
活力を保ち続ける身体の営みを栄養といい
栄養の源になる物質を栄養素といいます


さまざまな研究から、栄養素の働きと身体の
機能や健康との関係が明らかになってきました

その結果、食事で大切なのは、すべての栄養素を
バランスよく摂取することだといえます
また、病気などで身体の機能が低下したときには
さらに食事が大切になってきます


栄養素について知ることは
日々の献立を考える助けとなり、健康を保つことや
あるいは病気の治療、回復のために役立つでしょう



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、栄養素Part2をご紹介したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. ヘルスケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。