スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】ミネラルについて

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第53号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第52号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第53号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ミネラルについて
☆☆今週のピックアップ<ミネラル欠乏症、過剰症>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ ミネラルについて

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんばんは
充実した1週間でしたか^^


さて前回はビタミンの欠乏症、過剰症について
お話させていただきましたが


今回はミネラル欠乏症について
お話したいと思います


その前にミネラルって
何でしょうか・・・


ミネラルは身体のさまざまな作用に関係していますが
身体の中でつくることができないため
必要量を食事からとらなければなりません


中でも、食生活の変化によって
日本人はカルシウム不足が問題となっています


骨粗鬆症の防止のためにも
意識的にカルシウムを摂取しましょう


また、リンはカルシウムが骨になるのを
助ける働きをしますが、とりすぎると
骨から血液中に溶け出すカルシウムの量を
増やしてしまい、反対にカルシウム不足に
なってしまいます


リンは多くの食品に含まれている上に
加工食品や清涼飲料の保存料にも使われているため
現代の食生活では過剰摂取気味です


摂取量に気をつけるとともに
一緒にカルシウムを多く含む食品を
とるようにしましょう


現在の食生活では鉄の不足も問題となっています
鉄は主に赤血球の成分として
酸素や二酸化炭素の運搬などに関わっており
不足すると鉄欠乏性貧血を起こします


特に思春期の女性には、貧血は起こさないものの
体内の貯蔵鉄が減少している
潜在性鉄欠乏者が多くみられます


閉経前の女性は男性より2割ほど
鉄を多く必要としますので、積極的に摂取しましょう


そのほかにも、亜鉛の欠乏による味覚異常
ヨウ素の欠乏による甲状腺腫などが
問題となっています


近年、ミネラルの補給源として
サプリメントを使う人が増えていますが
過剰摂取による障害を招くことがありますので

食事の内容と必要量を考えて
服用することが必要です



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ミネラル欠乏症、過剰症>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



では、具体的にミネラルが不足すると
どのような現象が起きるのか


また、摂り過ぎるとどうなるのか
を上げていきたいと思います



まずはミネラル欠乏症の場合

●主要元素
☆ナトリウム
倦怠感、食欲不振、嘔吐、意識障害など、筋肉痛、熱けいれんなど

☆塩素
食欲不振、消化不良

☆カリウム
脱力感、食欲不振、不整脈など

☆カルシウム
骨の発育障害、骨粗しょう症、テタニー
(血清カルシウム低下によって起こるけいれん症状)
てんかんなど

☆マグネシウム
循環器疾患(特に虚血性心疾患)

☆リン
副甲状腺機能亢進症、骨疾患など

☆イオウ
特になし
(可能性としては皮膚炎、爪や髪の発育障害、解毒力の低下など)

●微量元素
☆鉄
鉄欠乏性貧血

☆亜鉛
成長障害、食欲不振、皮疹、創傷治癒障害
うつ状態、免疫能低下、味覚異常、生殖能異常、催奇形性など

☆銅
貧血、毛髪異常、白血球減少、骨異常、成長障害など

☆マンガン
骨病変、成長障害など

☆コバルト
悪性貧血

☆クロム
耐糖能低下、糖尿病、高コレステロール血症
動脈硬化、角膜疾患など

☆ヨウ素
甲状腺腫

☆モリブデン
成長遅延

☆セレン
心筋障害など


続いて過剰症の場合

●主要元素
☆ナトリウム
高血圧、胃がんの促進など

☆塩素
特になし

☆カリウム
高カリウム血症

☆カルシウム
泌尿器系結石、他のミネラルの吸収阻害など

☆マグネシウム
軟便、下痢など

☆リン
カルシウム吸収阻害

☆イオウ
特になし

●微量元素
☆鉄
鉄沈着症

☆亜鉛
胃腸の刺激、血清アミラーゼ値の上昇
膵臓の異常、LDLの増加、HDLの低下
免疫能の低下など

☆銅
ウイルソン病
(銅蓄積による肝・脳の機能的・形態学的変化)

☆マンガン
運動失調、パーキンソン病など

☆コバルト
特になし

☆クロム
腎不全、呼吸障害など

☆ヨウ素
甲状腺腫、甲状腺機能亢進症の悪化

☆モリブデン
銅の排出促進による銅欠乏症

☆セレン
疲労感、焦燥感、毛髪の脱落、爪の変化
悪心、嘔吐、腹痛、下痢、末梢神経障害など


この中で、特に日本人が
多いものは・・・

●欠乏症の中では・・・
鉄分不足による・・・鉄欠乏性貧血

亜鉛不足による・・・成長障害、食欲不振、皮疹、創傷治癒障害
うつ状態、免疫能低下、味覚異常、生殖能異常、催奇形性など

●過剰症の中では・・・
ナトリウム過剰による・・・高血圧、胃がんの促進
リン過剰による・・・カルシウム吸収阻害
ヨウ素過剰による・・・甲状腺腫、甲状腺機能亢進症の悪化


心当たりありますか!?
とは言うもののバランスよく摂る
というのは難しいですよね


詳細については
後程、お伝えしていきたいと思います


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、栄養素についてお話します
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. ヘルスケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】ビタミンの欠乏症 過剰症

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第52号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第51号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第52号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ビタミンの欠乏症、過剰症
☆☆今週のピックアップ<ミネラルについてPart2>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ ビタミンの欠乏症、過剰症

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんばんは

周りを見渡すとマスクをかけてる人を
多く見かけます

・・・免疫力が低下すると病気に
   かかりやすくなるんです・・・


あなたは快調ですか!?
体調が良くないと何をやっても
楽しくないですよね~^^;


えーっと
前回は美容と健康に必要な
ビタミンやミネラルのお話をしましたね


飽食の現代社会と
呼ばれておりますが・・・


本当に体が求めるビタミンやミネラル
食物栄養素をバランスよく摂取することが
なかなか出来ない方は以外に多いと思います


手軽で簡単なインスタント食品、加工食品
外食や長期保存が出来る添加物、保存料が
入っている食品など知らぬ間にあなたの
細胞を傷つけているかもしれません・・・


ビタミンは、糖質、脂質、たんぱく質の代謝を助け
生命を維持するための生理作用に不可欠な栄養素です。
ビタミンには脂溶性ビタミンと
水溶性ビタミンの2種類があります。


脂溶性ビタミンは脂質と一緒に
体内に貯蔵することができますが
水溶性ビタミンは体内に貯蔵できる日数が
脂溶性ビタミンにくらべ少ないため
不足しないようこまめに摂取することが
必要です。


またミネラルと同様、さまざまな生体反応に
関わっているため、不足や過剰摂取により多くの
機能障害を起こします。



☆欠乏症の場合

●脂溶性ビタミン

 ビタミンAの場合
 ⇒夜盲症、皮膚乾燥症、細菌への抵抗力の低下、成長障害など

ビタミンDの場合
⇒骨や歯の成長障害、骨粗しょう症、骨軟化症


ビタミンEの場合
⇒溶血性貧血、神経障害など

ビタミンKの場合
⇒乳児の出血症1)、出血傾向、血液凝固遅延など


●水溶性ビタミン

ビタミンB1の場合
⇒脚気(主に心臓と神経系の障害)、ウェルニッケ脳症(中枢神経障害)など

ビタミンB2の場合
⇒成長障害、口唇炎、舌炎、皮膚炎など

ナイアシンの場合
⇒ペラグラ(皮膚炎、下痢、精神障害など)

ビタミンB6の場合
⇒皮膚炎、神経障害、成長停止、体重減少、けいれんなど

ビタミンB12の場合
⇒悪性貧血、末梢神経障害など

葉酸の場合
⇒悪性貧血、妊娠中の欠乏で出産児に神経管閉鎖障害

パントテン酸の場合
⇒成長停止、皮膚・毛髪の障害、末梢神経障害など

ビオシンの場合
⇒皮膚炎、脱毛、けいれんなど

 ビタミンCの場合
 ⇒皮下出血、歯肉からの出血、壊血病など


☆過剰症の場合

 ビタミンAの場合
⇒脱毛、皮膚の剥離、食欲不振、肝障害、胎児催奇形など

ビタミンDの場合
⇒高カルシウム血症、軟組織の石灰化、腎障害、胎児催奇形など

ビタミンEの場合
⇒下痢など

ビタミンKの場合
⇒高ビリルビン血症など

ナイアシンの場合
⇒皮膚発赤作用、消化管・肝臓の障害など

ビタミンB6の場合
⇒神経障害、シュウ酸腎臓結石など


とくに摂取量だけではなくバランスも大切なのです
ミネラルやビタミンは過剰に摂取すればよい
ものではありませんので、サプリメントで
摂取する際にはよく選びましょう


添加物の含まれているビタミン剤も多いですし
身体に吸収されにくいのであれば
摂取しても意味がありません


ビタミンはミネラルがないと
栄養素としてうまく機能しないのですし
ミネラルは各ミネラル同士のバランスによって
機能を発揮したり、阻害したりします
単独のミネラルの摂取しすぎは
逆効果になるということもあります


このようにビタミン、ミネラルには
それぞれ意味がありますから
どれが効くというよりは、納得できる説明のある
健康食品のなかから自分にあったものを
選ぶようにしましょう


ただし、あくまでサプリメントは
補助的なものですから、ふだんの食事をよりよく
バランスよくするように心がけることが一番大切です



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ミネラルについてPart2>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



前回はミネラルについて
詳しくお話しましたが


では、ミネラルはどのような食品に
含まれていて、どのような働きを
してくれるのか・・・を
お話したいと思います




●必須ミネラル

主要元素
<>内は多く含むもの
⇒は働きに関するもの

☆ナトリウム<食塩、みそ、しょうゆ>
⇒浸透圧の維持、pHの調節、水分平衡の維持など

☆塩素<食塩、みそ、しょうゆ>
⇒浸透圧の維持、pHの調節、胃液の塩酸成分となる

☆カリウム<いも類、野菜類、果物類>
⇒エネルギー代謝、浸透圧・pHの維持、血圧調節、
神経刺激の伝達、電位差の維持、水分保持など

☆カルシウム<牛乳・乳製品、小魚、海草類、大豆製品、野菜類>
⇒骨・歯の主成分となる
血液凝固、筋肉の収縮、神経の興奮抑制などに関与

☆マグネシウム<食品中に広く分布 特に緑黄色野菜や
海草類などの植物性食品>
⇒エネルギー代謝、筋肉の収縮、神経機能、ホルモン分泌、体温調節など

☆リン<食品中に広く分布 食品添加物など>
⇒骨・歯の成分、細胞の構成成分となる
エネルギー代謝、体液の浸透圧、酸塩基平衡の調節など

☆イオウ<たんぱく質を含む食品に広く分布>
⇒含硫アミノ酸の構成成分(毛髪や爪の構造たんぱく質)となる

微量元素

☆鉄<レバー、貝類、卵黄、緑黄色野菜、ひじき>
⇒酸素の運搬・貯蔵に関与、酵素の成分となる

☆亜鉛<かき、肉類、小麦胚芽>
⇒酵素の構成成分、核酸代謝、細胞分裂に関与

☆銅<野菜、穀物(特にピーナツ類)、肉類>
⇒酵素の構成成分、鉄の吸収・貯蔵の促進、成長促進、免疫機能など

☆マンガン<穀類、種実、野菜類、抹茶>
⇒酵素の構成成分、骨形成

☆コバルト<葉菜類、肉類、臓器類>
⇒補酵素、ビタミンB12の成分となる

☆クロム<食品中に広く分布 野菜、穀物、肉、魚など>
⇒糖代謝、脂質代謝に関与

☆ヨウ素<海草類、貝類>
⇒甲状腺ホルモンの構成成分となる

☆モリブデン<乳製品、豆類、穀類、レバー>
⇒補酵素となる

☆セレン<魚肉、獣鳥肉、小麦、大豆>
⇒酵素の構成成分となる、抗酸化作用


人間の身体は約60種類の元素で構成されています
このうち主要元素と呼ばれる水素(H)
炭素(C)、窒素(N)、酸素(O)が約95%を占めています
その他の元素を総称してミネラルといいます


特に栄養素として不可欠な16種類を必須ミネラルといい
骨や歯、筋肉や血液などの成分となるほか
さまざまな生理作用に関わっています

ミネラルは体内でつくることができないため
食べ物からとらなければなりません

ミネラルの不足はさまざまな機能の障害を招き
骨粗鬆症や貧血、筋力の低下、味覚障害などの
疾患を引き起こすことがありますが
反対に過剰になっても障害をもたらします





_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、ミネラルの欠乏症について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。