スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】食生活Part2

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第50号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんにちは、発行人のKENNYです
第49号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第50号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆食生活についてPart2
☆☆今週のピックアップ<生活習慣Part2>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 食生活についてPart2

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんにちは


第49話はビタミン・ミネラルの
お話でしたね


お役に立ちましたか!?
アノ内容を見ると・・・


必要な栄養素や摂取しないと
どうなるか・・・など


日頃の食生活を見直すのには
為になったのかな~と思います^^



で、今回は食生活と生活習慣Part2
ということで


まずは食生活からお話したいと思います



ちょっと気になったのですが・・・


人間に1番必要なものって
何だと思います!?



今まで「ビタミンだ」「ミネラルだ」「植物栄養素だ」・・・
・・・と大事なものはあるんですが



やはり水は外せませんよね
人間の65パーセントは水ですから


さて、
日本の水道水は病原菌を殺菌するために
浄水場やマンションなどの屋上にある貯水槽に
塩素を投入していますね


スイミングスクールや学校の水泳用の
プールにも塩素を投入するのと同じことです


殺菌のためですから、ある意味必要なのですが
世界的に見ても、日本の水道水への塩素投入量は多いので
肌のためには飲用、入浴時ともに塩素を
除去する必要があります


塩素は次亜塩素酸という物質に変化して
活性酸素と同じような力、酸化力を持つため
殺菌力を発揮することができるのですが


強い酸化力のある物質は同時に人の細胞や
遺伝子も傷つけてしまうのです
そのため、塩素にふれた肌は酸化して
細胞が傷つくので、乾燥したり敏感になったり
肌のトラブルを招いてしまうのです



プールに入ると、目が赤くなる、肌がカサツク
髪がパサツクのも塩素の酸化により肌や目
髪が傷つくからです。飲用すれば体の中から酸化して
活性酸素を発生させると言われています



次亜塩素酸は家庭でも殺菌に使用する
塩素系漂白剤の主成分と同じです


間違えて漂白剤を触ったことが
ある人はわかると思いますが
次亜塩素酸で肌がぼろぼろになります



もちろん、水道水に含まれる
次亜塩素酸は微量ですので、漂白剤に比べると
害はとても小さいですが、入浴とシャワーを毎日行えば
その害も無視できないのです


適温40℃前後は塩素の活性が最も高いことや
蒸気や水流からも影響を与えます



酸化力を測る測定器に
ORPメーターというものがあります
工場や熱帯魚の飼育でも使われている
電気的な測定器で、電位(mv ミリボルト)
で測定します。基準は+200mvです


これ以上数値が大きければ大きいほど
酸化力が強いということになります
活性酸素とは酸化力が強いので
過剰になると細胞膜を壊すなど悪影響を与えるので
健康に悪いといわれるのです



水道水ですと、良くて300mv、悪い場所
とくに東京都など都市部では700mv位まで
計測することができます


300mv程度なら塩素の害は
あまりないかと思いますが
今度は反対に殺菌不足で病原菌が不安ですね


700mvですとかなり酸化力が高いので、要注意です
お湯が熱くてピリピリしている
と思うことがあるかもしれませんが



実は塩素によって肌がダメージを受けているのです
入浴剤を入れると、お湯が柔らかくなるのは
塩素が抜けるからです



塩素という物質はすぐに他の物質と反応します
そのため塩素を除去するには、お風呂に何かを
入れるだけでよいのです



そこですぐに思いつくのが入浴剤です
ただ、入浴剤もさまざまです
なるべく合成の添加物が少ないものや
低刺激なものを選んだ方がよいでしょう


場合によっては、塩素ではなく
入浴剤で肌が傷つくこともあります
また、人によって合う入浴剤
あわない入浴剤がありますから
いろいろ試してみることです
一番良いのはやはり専用の入浴剤です



何かを入れればよいのですから
お茶がらなどでもある程度の塩素除去には有効です
ミネラル豊富なルイボスティやローズヒップなど
肌に良いものであればさらに良いでしょう


水道水の飲用には高性能な浄水器が必要です
塩素だけではなく、他にも有害な物質が
含まれているからです


それだけに性能がいいものは
当然高いですが、これから何十年も
使うことを考えれば安いと思います



問題は性能ですね
あとは長期間、性能がしっかり発揮
出来る事でしょうか



あなたの健康が
これで維持できるのであれば
おススメします^^



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<生活習慣Part2>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


ちょっと話は逸れてしまうのですが・・・

あなたは活性酸素って
聞いたことありますか


人間の体を錆びさせる
原因の1つなんですよ


ふだん食べている食品にも体内で
活性酸素を発生させやすい食品と
そうでない食品とがあります


調理方法によっても異なりますが
基本的に活性酸素を発生させやすいのは
まず、古い油を使用したものや
添加物の多いものです


とくにスーパーやコンビニなどで
販売されている加工食品には要注意です


白砂糖や合成塩(塩化ナトリウム)も酸化力が高いので
なるべく避けましょう。缶ジュースには多いもので
白砂糖がスプーン8杯分も含まれていますので
肌には大敵です



塩は天日塩、海塩、岩塩などの
自然塩を使いましょう


食べ物は生、煮る、焼くの順番で活性酸素が
発生しやすいと言われています
焼いたものよりも煮た方がよいようです



基本的に農薬や添加物など
化学合成されたり
精製されすぎた物質は
活性酸素を発生させやすいようです



農薬は活性酸素だけではなく
アレルギーの原因の一つといわれています

また、油の摂取方法が問題になっています
植物油でも酸化しやすい油やトランス脂肪酸を
含む油は活性酸素を発生させます


酸化しやすい油はとくに加熱調理には
使用しないようにしましょう



私もそうなんですが^^;
ついつい1度使ったものを
そのまま使ったりしてますから

ホント気をつけないといけないですね~
自分の体ですから^^;


何か纏まりの無い
話で終わってしまいましたが・・・

次回も食生活のお話をしたいと
思います


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、食生活での美容にいいお話を
  したいと思います。
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. ヘルスケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】お肌に必要なビタミン・ミネラル

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第49号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第48号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第49号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆お肌に必要なビタミン・ミネラル
☆☆今週のピックアップ<ビタミン・ミネラルについてPart2>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ お肌に必要なビタミン・ミネラル

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
毎日いかがお過ごしですか


先週の予告でしたね
今日はあなたにお肌に
必要な栄養素の
お話をしたいと思います


いくら、高級な化粧品をつけたところで
内面からの栄養分を摂らないと
お肌は綺麗にならないですよね


不規則な食生活や生活習慣も
お肌には大敵・・・


さて、お肌にとって大事なもの・・・
それはビタミンやミネラルですね



今回は
ミネラル・ビタミンの役割や
どんな食物を摂取すれば良いのか
考えて見ましょう


人間の体の細胞は日々生まれ変わっており
今日もあなたの体の中でも古い細胞は死に
新しい細胞が生まれています
肌の細胞もそうです。


垢が古い肌細胞が死んだものというのは
有名なことですね。
この生まれ変わりを肌の新陳代謝といいます

肌の新陳代謝が衰えると
不健康な肌になるのは
なかなか新しい細胞が
生まれてこないため


古い細胞が残ってしまい
健康な肌にはなれないからです。


肌の新陳代謝には必要な
栄養素があります


とくに「亜鉛」というミネラルを使います
この亜鉛が極端に不足すると、肌の新陳代謝が
うまくできなくなって発症する


「腸性肢端皮膚炎」という
皮膚炎があるくらい栄養素と皮膚の関係
(皮膚だけではなく体全体の健康にですが)は
深いのです


あの美容成分コラーゲンにも亜鉛は
不可欠なのです


マグネシウムも肌の新陳代謝には
かかせないミネラルです


毎日の食事でミネラルとビタミンを
きちんと摂取するようにしましょう


肌と健康によい食事は
「まごわやさしい」と言われます
まごわやさしいとは下記のような食事です


ま⇒大豆、あずきなど豆類のこと。
タンパク質、マグネシウムの摂取

ご⇒ゴマ ナッツ クルミ アーモンドのこと。
不飽和脂肪酸・ビタミンEの摂取

わ⇒わかめ コンブ のりなどのこと。
ヨード、カルシウムの摂取

や⇒野菜、根菜のこと。
ベータカロチン、ビタミンCの摂取

さ⇒魚のこと。
タンパク質、オメガ3脂肪、亜鉛の摂取

し⇒しいたけ、しめじなどきのこ類のこと。
多糖類、食物繊維の摂取

い⇒じゃがいも、さつまいもなどイモ類のこと。
食物繊維、炭水化物の摂取



食品に含まれるミネラルや
ビタミンなどの栄養素は
栽培される土地などの条件に
左右されます


基本的に無農薬、有機栽培、
無化学肥料栽培、無添加食品の方が
よい条件になるでしょう


添加物や農薬などの化学物質は、
栄養素をからだの外に排出して
しまうこともあります


乳製品や肉類は消化するときに
アンモニアが発生したり
血液が酸性になるなど
からだに負担がかかります


たしかにカルシウムやタンパク質は
豊富に含まれていますが


いくら栄養素が豊富に含まれていても消化
吸収できなければ害になったり
からだの外に排出するだけですから
意味がないのです


さらにハムやソーセージに
含まれるリン酸塩などの添加物が
さらにカルシウムを体外に
排出させてしまいます


また、よく噛んで食べるようにしましょう
消化、吸収しやすくなります


よく噛むことで
食物を細かくするだけではなく、
消化を促したり活性酸素を消去する
酵素を含んだ唾液がでてきます



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ビタミン・ミネラルについてPart2>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


もう少し詳しく
紹介していきましょう


ビタミンA

肌(粘膜)を丈夫にし潤いを保つ

レバー・ニンジン・小松菜・チーズ
マーガリン・かぼちゃ・のりなどに多い

ビタミンAは、お肌だけでなく
鼻・のど・胃などの粘液を丈夫にし
異物の侵入を防ぎます


そのため、抵抗力を高め
風邪や病気にかかりにくい体にしてくれ
アレルギーも防いでくれます


動物性のビタミンAは脂溶性のビタミンなので
油と一緒にとると吸収しやすくなりますが
摂取しすぎには注意が必要です


また、野菜のビタミンAのカロチンは
水溶性でとりすぎの心配は基本的にはありません


野菜から積極的にとりましょう
サプリメントの場合は野菜系の
カロチン由来を選びましょう


ビタミンB群

ビタミンB群はビタミンB1、ビタミンB2
ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン
葉酸、ビオチン、パントテン酸の8種類があります


とくに新陳代謝に関係している
ビタミンB2が不足すると


正常な細胞が作られなくなり
最初に肌の表面に影響が出ます


ニキビや肌荒れ、口内炎です
水に溶ける水溶性ビタミンです



ビタミンE

活性酸素の働きを抑え肌の老化を防ぐ


ごま油・モロヘイヤ・かつお・ナッツ類
まぐろ・かぼちゃ・胚芽パンに多い


ビタミンEは、酸化を防ぐとともに
血行を良くします


血行を良くすることで、
お肌の新陳代謝も活発になりシミ対策に
効果があります


また、活性酸素の働きを抑え
お肌の老化を防いでくれます


ビタミンEは脂溶性のビタミンなので
油と一緒にとると吸収しやすくなります
また、ビタミンCと一緒に食べると
相乗効果で効果が高まります



ビタミンC

保湿・鎮静・収斂・除菌・美白・活性酸素の
消去・コラーゲン生成

パセリやブロッコリー、いちごなどで
多く摂取できますが、農薬には気をつけましょう
ローズヒップティもおすすめです


コラーゲンの生成には亜鉛も同時に必要です


亜鉛(ジンク)

皮膚の新陳代謝を行ったり、
タンパク質、コラーゲン、活性酸素の
消去に関わる酵素の生成に必要なミネラル

銅も必須ミネラルであり
亜鉛は銅とのバランスが大切。牡蠣やゴマ
小麦胚芽などで摂取できます


マグネシウム

ATP(アデノシン3リン酸)の代謝
皮膚細胞の代謝に関わるミネラル


体内で古い細胞(たんぱく質)を分解し
新しいたんぱく質を合成するのに必須です


穀類、野菜、大豆などで摂取できます
カルシウムとのバランスが大切なミネラルです


ヨウ素

不足すると皮膚や髪が乾燥しがちに
海藻類で摂取できます。過剰症に気をつけてください


αリノレン酸

アレルゲン(ダニ・ホコリ)から肌を守る
オメガ3系油の…シソ油(エゴマ油)
フラックスオイル(亜麻仁油)、魚類
(特にイワシ・アジ・サバ) に豊富です
他に海藻類、冬野菜などなど


アミノ酸各種
たんぱく質を構成する物質でたんぱく質から摂取します
アミノ酸はさまざまな役目がありますが


体内で消化された、たんぱく質がアミノ酸に
分解されて吸収再合成されると肌細胞の
たんぱく質の材料になります


しかし、現在の日本では、たんぱく質は不足よりも
過剰摂取や動物性に偏っていることが問題です


タンパク質の過剰摂取は、活性酸素の発生や
カルシウム不足、アレルギーの原因となります


とくに消化されず、アミノ酸に慣れなかった
タンパク質がそのまま血液中に入ると
食べ物アレルギーとなります


よく噛まない、食べすぎ、冷たいものの摂取は
消化不良を起こしタンパク質を消化させにくくし
アレルギーを引き起こす要因にも
なるので注意しましょう


体内で過剰に発生した活性酸素は
肌を内側から傷つけます

肌を傷つける活性酸素を消去するのは
体内にあるSOD酵素ですが
SOD酵素には亜鉛やセレニウムなどの
ミネラルが不可欠だからです


ビタミンA、ビタミンC、ビタミンEの
抗酸化力(活性酸素を消去する力)も
強いのでおすすめです



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

今月12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回も、食生活と生活習慣Part2です
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。