FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】紫外線対策Part2



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第71号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第70号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第71号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆紫外線対策Part2お肌のお手入れ
☆☆今週のピックアップ<ダメージ肌>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 紫外線対策Part2

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________




夏へ向けての紫外線対策
乾燥肌が引き起こすトラブルについて
お話しました


今回はより具体的な
お話をしたいと思います


まずは、どんなお手入れを
心がければいいのでしょうか・・・



● 夏の洗顔・・・

夏のお肌は、過剰な皮脂の分泌によって
毛穴が開き、古い角質やゴミ、ほこりなどが
詰まりやすくなっています。はじめに32℃
(人肌程度)のぬるま湯で顔を洗い、余分な皮脂や
汚れを溶かしだしましょう

洗顔のポイントは
1・密度の濃い泡で
2・決してこすらず
3・だけど素早く

「肌へのダメージをできるだけ少なくする」ために
手際よく洗い上げましょう


● 美肌ポイント・・・


ここからが夏の美肌ポイント
洗顔料を十分に流したら、最後に冷水で
2,3回顔を洗います。そうすることで毛穴が
キュット引き締まり、余分な皮脂や汗の分泌を
抑える効果があります。洗面器に氷水を張って
顔を浸すのもお勧めです


● 夏の化粧水は・・・


どんなにベタ付く夏でも化粧水は欠かせません
今まで使っていた化粧水が「重たい」と感じる方は
さっぱりタイプのものや収斂作用のあるものを
使いとよいでしょう
ただし、しっとりタイプのものに比べて
保湿力が低いものが多いので
念入りなお手入れを心がけましょう


● 美肌ポイント・・・


さて、夏の化粧水一押し
「冷蔵庫で冷やす」ことですね
普段から冷やしている方も
多いとは思いますが、夏は特にオススメです

洗顔後に冷たい化粧水を肌に馴染ませることで
毛穴がキュット引き締まり余分な皮脂の分泌による
テカリを抑え、うるおいを閉じ込めます


● 夏の美容液・・・


シミは怖いけど、シワもたるみも無視できない・・・

夏のスキンケアは欲張りにならざるを得ません
だからと言って、何種類もの美容液を顔全体に
塗りたくるのはベタ付きやテカリを招くので考えものですね・・・
ここでポイントを押さえましょう


● 美肌ポイント・・・美白


考えてみると、シミができる場所ってある程度
決まっていると思いませんか?
そう、ズバリ紫外線が当たりやすい部分

美白美容液は額、頬骨、鼻先、こめかみ
口元、顎先などシミができやすい部分を
中心に馴染ませていき、ピンポイントで
シミを予防しましょう
心配な方は化粧水を美白系のものに
するとよいでしょう


● 美肌ポイント・・・保湿


乾燥しやすい部分(=シワやたるみが出やすい部分)
に的を絞って、保湿系の美容液を馴染ませていきます
表情ジワが出やすい、額、眉間、目尻、鼻の付け根
ほうれい線などにはしわ対策美容液を

乾燥小じわやたるみが出やすい
目元(瞼・下瞼・目の下)や頬の広い部分に
保湿美容液を馴染ませていきます
このように、顔をエリア分けすることで
美白と保湿を両立し「シミ・しわ・たるみ」
どれもあきらめない、夏のスキンケアが完成します
隠れ乾燥肌なんて怖くありません


● 乳液&クリーム


「皮脂の分泌が激しいからクリームはいらない。」
半分正解・半分間違い。肌の状態は毎日変化しています
ベタ付く夏でも毎日肌の状態をチェックして
皮脂の分泌が少ない部分には乳液やクリームで
油分を補い、水分をしっかり閉じ込めましょう


● 美肌ポイント


夏に限った裏技でないのですが
スキンケアの最後にティッシュオフすると
化粧ノリがよく、崩れにくくなるのでオススメです

クリームの使用後3分ほど置いてよく馴染ませてから
ティッシュを一枚顔に乗せて余分な油分をオフしましょう
このティッシュオフは、日中にテカリやベタつきが
気になったときにもオススメです


● まとめ


夏は美白に一生懸命になるあまりに
しわ&たるみ対策がおろそかになりがちな季節です
ですが、お肌の老化は一日たりとも待ってはくれません

シミ・しわ・たるみetc…
いつだって手を抜くことができませんが
季節に合わせて賢くケアしてあげることで
肌は必ず応えてくれます

夏はしわ・たるみも要注意の季節
夏のスキンケアのポイントを押さえて
暑い夏を美しく乗り切りましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ダメージ肌>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


やはり、日頃の食生活
と日頃のお手入れ・・・


地道にケアされている方は
美しいですね・・・

● 「ダメージ肌」からさよなら 
食物から摂取した栄養が肌に
いきわたらなくなるために肌が栄養不足の状態になり
このような状態が続くと、元気な肌細胞を生み出すことができず
「生まれつきのダメージ肌」が生まれてしまいます
これが肌の衰えの大きな原因でもあります。
残念ながら、このダメージ肌を基礎化粧品で
元気にするすることは難しいため、肌に必要な栄養を
摂取して「生まれつき若々しい肌」を生み出すことが
アンチエイジングには欠かせません
1.十分な栄養を摂取し元気な肌細胞を生み出すこと
⇒内面美容
2.元気に生まれた肌をスキンケアで維持・育てること
⇒外面美容
食生活による美容(内面美容)と
スキンケアによる美容(外面美容)
を並行して行うことで、より効果的な
アンチエイジングが可能になります
若々しい肌を保つために必要不可欠な成分
ビタミン、コラーゲン、CoQ10、ヒアルロン酸
セラミドなどを含んだサプリメントなどを
積極的に取り入れることで、慢性的な栄養不足に
効果的に働きかけます

この瞬間も生まれている肌の細胞に力を
与えてあげることが美肌への近道なのです


● 天然保湿


表皮をおおっているのが角質です
角質は、よくレンガ造りに例えられます
レンガのような角質細胞とセメントのようなセラミドです


セラミドは、角質に含まれる脂質で
具体的には、スフィンゴ脂質・コレステロールエステル
コレステロール・脂肪酸から構成されています


つまり、セラミドにはコレステロールも必要なのです
アトピーやドライスキン(乾燥肌)には
セラミドが不足しています


肌のカサカサにセラミドを補って
肌のみずみずしさを取り戻しましょう


● ビタミンを摂りましょう


真皮を支えているのがコラーゲンです
肌の張りに関係しています。肌を家に例えると
真皮は土台のようなものです。


土台がしっかりしないと家が傾くように
コラーゲンが不足すると、肌のしわの原因になります

コラーゲンはタン白質ですから
バランスのよい食事が重要です、コラーゲンが
体で作られるのに必要なのが、ビタミンC。肌にいいビタミンCを
取ることも必要です。ビタミンCは野菜や果物に豊富です
ビタミンCは、他にもUVで傷ついた肌から出る
活性酸素を抑えてくれます


● 肌に大切なビタミン群


ビタミン不足は肌あれの原因です
肌に栄養を取ってもらうためにも
食事に気をつけましょう

特に、お肌には、ビタミンB2、ビタミンB6
ビタミンC、ビタミンEは重要です

ビタミンB2は、うなぎ、レバー、牛乳、卵、野菜
しいたけなどによく含まれています。ビタミンB6は
さかな、肉、レバー、牛乳、卵、米、豆など
たいていのものに含まれています。

ビタミンEも活性酸素を抑えますので
お肌に悪い活性酸素を抑えるビタミンを
ぜひ補充しましょう。
ビタミンを含むバランスの取れた食事をおすすめします


● お肌を清潔に・・・


毎日の入浴とシャワーで
汗や肌の汚れを落としましょう

肌の汚れは、細菌のいい餌になってしまいます
汗にも細菌が好む養分が含まれています

石鹸・シャンプーをしっかりと使いましょう
汗や汚れを落とすのに必要です
でも、使いすぎに注意し、しっかりとすすいで
石鹸やシャンプーが肌に残らないように


● 入浴後の保湿は大事・・・


セラミドのような天然保湿に加えて
様々な保湿の塗り薬があります
大きく分けると、肌の水分がなくなるのを
防ぐ薬と肌の水分を保つ薬です


肌の水分がなくなるのを防ぐ薬は
肌の上に鎧のようにコーティングをして
水分の蒸発を防ぐ効果があります


脂質成分がほとんど。ワセリンやオリーブ油・椿油
ひまわり油などの植物油は、肌に脂質を補給することで
肌の乾燥をブロックします


肌の水分を保つ薬は肌から水分を離さないよう
水分保持を助ける効果があります
尿素含有の軟膏・クリームがその効果があります


保湿剤は、お肌に水分がある、入浴・シャワー後が効果的
自分にあった保湿外用薬・化粧水などを使って
いつまでも肌の水分を保持しましょう


日頃のケアが重要ですから
普段からお肌のチェックを欠かさずにしましょう


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、ちょっと気になるシワについて
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________


スポンサーサイト

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】夏へ向けての紫外線対策

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第70号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第69号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第70号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 夏へ向けての紫外線対策
☆☆今週のピックアップ<乾燥肌が引き起こすトラブル>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 夏へ向けての紫外線対策

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんばんは
今日も暑かったですね


体力が消耗しますから
やはり豚肉でスタミナつけたいですね


豚肉はビタミンB1がすごく豊富で
牛肉の約10倍もあるんですね


豚肉のビタミンB1は、糖質の代謝や神経の働きに
関係している栄養素のため、疲労を回復したり
イライラを防いでくれたりする効果が
あると言われています


豚肉は、疲労回復効果が高い食品と言えますが
食べ過ぎると疲労の元凶、ピルビン酸が増えて
体内の水素と結びついて疲労物質の
乳酸がたまってしまいます


これを回避するためには、クエン酸を同時に摂取します
クエン酸によって、ピルビン酸はクエン酸に変わります
肉類に、レモンやスダチが合うのは
こういうことだったんですね


その他、豚肉はたんぱく質も良質なものを
豊富に含んでいます
もも肉100gに含まれるたんぱく質を
他の食品換算しますと・・・

卵なら2個、ご飯なら茶碗6杯
牛乳では700mg相当のもなるそうです



・・・紫外線のお話でしたね
ついついお肉の話になってしまいましたが


夏と言えば『美白』という話が
多いですよね~


「夏のスキンケア=美白」・・・
ところが、この常識が夏にシワやたるみを
悪化する大きな原因となっています。

夏の肌老化の危険度としては
シワ・たるみ・シミともに同程度というのが
あまり知られていない夏の真実


にもかかわらず各ブランドは口を揃えて
美白コスメをバンバンCMしてますよね


「売りやすい」といった理由から、
一般の消費者にも分かりやすい
シミのリスクばかりを取り上げて
シワやたるみのリスクに関しては
一切触れていません

そんな雰囲気に流されて
「夏はとにかく美白!」といったケアを
続けていると「夏のシワ&たるみリスク」の
影響をモロに受けて、「この小ジワ、いつの間に?」
といった最悪の事態になってしまうんです

原因は『隠れ乾燥肌』!?
仕事や家事がひと段落し
鏡をのぞいてみると…

「シワっぽい肌」に驚いたり
地下鉄の窓に映った自分の顔を見て
「えっ?本当に私?」
なんて目をそらしたくなった経験がある方も
多いのではないでしょうか?

その原因は夏に急増する“隠れ乾燥肌”にあります
見た目はテカっているのに内部では乾燥している
というのが隠れ乾燥肌の特徴


シワやたるみはもちろん、夏特有のメイク崩れも
隠れ乾燥肌が原因になっています

汗や皮脂の分泌が多いこの季節は
“あっさりスキンケア”に傾きがちですが
実は夏こそ保湿が大切。夏ケアの裏技を駆使して
ベタつき・テカリしらずの涼しげな
夏肌を手に入れましょう。

仕事後の飲み会が増えたり、
お盆の帰省で同級生と会う機会が増える季節。
誰よりもキレイに夏を乗り切ってくださいね♪
ベタつくのに乾燥する肌!?



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<乾燥肌が引き起こすトラブル>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


現代女性の肌の傾向として
“見た目はオイリーでも実は乾燥肌”という
「隠れ乾燥肌」がとても多いようです
この隠れ乾燥肌が急増する季節が、夏です

美肌づくりにおいて、夏は一年の中でも最も
手を抜けないシーズンと言えます

外は暑くてジメジメ。室内は肌寒くカラカラ。
この気温差と湿度差に、夏の肌は「どうしたらいいの?」
と悲鳴をあげています


苦しんだ末、肌はある結論を出します。
皮脂を多く分泌することで、
肌を乾燥から守ろうとしはじめるのです。


多くの女性が夏に隠れ乾燥肌に
なってしまうのはこのため。


見た目がオイリーな分「潤いは足りている」
なんて勘違いしてしまいやすいので、
隠れ乾燥肌は注意が必要です。

夏の紫外線によるダメージに加えて、
慢性的な隠れ乾燥肌

UV対策や美白のことで頭が一杯になりがちですが、
夏は乾燥によるシワ・たるみに要注意の
シーズンでもあるのです。


美白派は要注意・・・
シワ・たるみ・・・夏こそ保湿を

夏にUV対策や美白をするのは当然として、
世の女性たちが忘れがちなのが乾燥対策です

「UV対策と美白のことで頭の中が一杯。
夏はとにかくシミ対策!」なんて具合に
保湿の優先順位を下げてしまっている方も
多いのではないでしょうか?

ドキっとした方は注意が必要
「夏の隠れ乾燥肌」はあなたのような
“美白命”タイプに多いのです

隠れ乾燥肌が引き起こす
トラブルで最も気をつけなければならないのは
シワとたるみです


しわやたるみは一度進行してしまうと
改善するのが難しいものですので
一年を通して手抜きはできません

しわやたるみを防ぐ一番の方法は
やっぱり保湿。しわ・たるみ対策の
スペシャルコスメや保湿成分を多く含んだ
保湿化粧品を取り入れて、肌を乾燥から
守ってあげましょう^^
夏には夏の保湿があるのです


肌がベタつきやすい夏は
あっさりケアで済ませてしまいたいところですが、
工夫して保湿することでベタつきやテカリを
効果的に抑えることができます

「余分なテカリは、乾いている証拠。」 
夏専用のスキンケアを取り入れることで
ベタつき・テカリ知らずの涼しげな夏肌を
さらには「夏の終わりに後悔しない」
オトナの余裕を手に入れましょう!

紫外線対策について
Part2はより具体的な
お話をしたいと思います^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、夏の肌のお手入れについて
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************
  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】栄養バランス



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第65号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第64号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第65号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 栄養のバランス
☆☆今週のピックアップ<食物繊維とアルコール>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 栄養のバランス

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


だいぶ、寒くなってきましたね
台風も接近中とか・・・


体にとってもお肌にとっても
やはり大事なのは食事・・・


さて
前回のお話は肥満の予防について
でしたね~


カロリーや食事によるエネルギー
カロリー計算式など参考になりましたか^^



今回は栄養バランスについて
お話をしようかと思います



食事で大切なのは、栄養のバランスよく食べる
ということです


主食・主菜・副菜の組み合わせが基本になります
献立を考える時には、栄養のバランスを考えて
偏らない食事を工夫してみましょう


主食 ⇒ エネルギーのもとになる
炭水化物が主になります
ご飯・パン・麺類などでとりましょう


ご飯はすぐれたエネルギー源です
朝食をしっかりとることも1日の
よいスタートにかかせません


麺類を主食にするときは
汁などに含まれる塩分量に気をつけて
副菜を増やすなどの配慮をしましょう


主菜 ⇒ からだをつくる働きの
たんぱく質や脂質などが主になります
豆腐や、魚が主菜になる回数を
多めにするとよいでしょう


食事にボリュームが欲しい場合や
成長期の子供の食事には肉類を多く
消化力が弱っているときは魚類や
肉類の中でも鶏肉にするなど
時と場合によって内容に変化をつけましょう



牛乳と卵は良質なたんぱく質を含んでいます
牛乳はカルシウムも多いので、成長期や更年期には
心がけてとるようにしましょう


豆腐などの大豆製品も良質な
たんぱく源ですので積極的にとりましょう


牛乳や大豆を発酵させたヨーグルトや
納豆など発酵食品は、たんぱく源としてだけでなく
身体にとってよい働きがあるものが多いので
献立に加えるようにしましょう


副菜
⇒からだの調子を整えるビタミンや
ミネラルが主になります

緑黄色野菜や、きのこ・海草類を
適量とりましょう。ただし、腎臓病の方は
カリウムの制限が必要な場合がありますので
医師や栄養士の指導を受けてください


食物繊維は
根菜類やきのこ・海草類に多く含まれています


汁物は実を多くするといろいろな
栄養分をとることができ、減塩にもつながります


果物は、外食をしたときや
間食、デザートなどをとるとよいでしょう


ただ果糖が多いので
野菜代わりというわけにはいきません
1日に、にぎりこぶし1つ分ぐらいが目安です


水分や塩分は疾病によってとる量の
制限がありますので、医師の指導に
従ってくださいね



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<食物繊維とアルコール>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


前回のピックアップは
肥満を解消するポイントについて
でしたね


消費エネルギーと運動量や
嗜好品についてお話をしました


今回は食物繊維について
お話をしようかと思います



● 食物繊維を摂りましょう

食物繊維は消化酵素で
消化されない食物中の成分です


胃から腸を通過していくときに
余分なものを吸着して掃除する働きがあります


食物繊維は便秘を予防し、排便をうながします
また、腸内で胆汁酸を吸着します


胆汁酸はコレステロールから
合成される消化液で、余分なものは
小腸で吸収されて胆のうに戻り、再び十二指腸に
分泌されるサイクルを持っています


食物繊維が胆汁酸を吸着すると
新しい胆汁酸をつくるために肝臓に
貯えられたコレステロールが使われるので
結果的に血液中のコレステロールが減少します


こうした食物繊維の働きは
高血圧、高脂血症、糖尿病の
食事療法にも効果があります


また、食物繊維を多く含む食品は
カロリーが少ないため、肥満の防止に役立ちます


食物繊維を多く含む食品には
麦などの雑穀、豆類、いも類、根菜類、海草類
きのこ類、果物などがあります


海草類、きのこ類、こんにゃくは
低カロリーなので、カロリー制限を
している方にお勧めの食品です


また海草類、きのこ類は
ビタミン、ミネラルも豊富に含まれているので
積極的にとりましょう


寒天を利用したデザートなど
とりかたも工夫してみましょう


野菜は生で食べるより
火を通したほうがたくさん食べられます


サラダだけでなく、野菜スープや
根菜の煮物などをメニューに加えると
食物繊維をたくさんとることができます


ただし、果物は果糖が多いので
食べすぎないように気をつけましょう



● アルコールはやめるか、控えめにする

アルコールは、カロリーが
1g当たり7kcalとされていますが
実際はそれほど多くないとも言われています
また、栄養素がほとんど含まれていません


問題なのは、大量のアルコールによって
肝臓に負担がかかり、代謝が
うまくいかなくなったり、基本となる
食事療法が偏り、食生活が乱れたり
しやすいことです


また、アルコールは食事で摂取した
脂肪の代謝を抑制し、同時に肝臓での
中性脂肪の合成を促進するため
高脂血症や脂肪肝の重要な要因となります


中性脂肪の高い人にとって
禁酒はきわめて有効な治療となりますので
ぜひとも実行してほしいことです


糖尿病、高脂血症、高血圧の患者さんが
アルコールをたしなむ場合は
かかりつけの医師の指示に従ってください


ビールなら中瓶1本、日本酒は1合
ウィスキーはダブルで1杯までが
病気のない一般の人の適量です


● ビタミン、ミネラルを積極的に

ビタミン、ミネラルは
生命を維持するための生理作用に
深く関わっており、食事療法を実践するに
あたっても有効な栄養素です


メニューを考える際には
ビタミンやミネラルを多く含む食品を
とり入れるように、工夫しましょう



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、疾病別食事療法について
   お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】上手なスキンケアの方法


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第60号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第59号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第60号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 上手なスキンケアの方法
☆☆今週のピックアップ<ホルモンバランスが乱れる季節>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 上手なスキンケアの方法

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________




さて前回は肌トラブルと
アトピー性一皮膚炎の場合の
スキンケアについてでしたね


今回は、上手なスキンケアの方法と
ホルモンバランスが乱れる季節の
注意点をお話したいと思います



今は、色んなメーカーから
さまざまな化粧品・洗顔料
石鹸・シャンプーがありますが・・・


・・・一番大切なのは低刺激であることです


どんなに良い美容成分が含まれていても
どんなに汚れを落すことができても
低刺激でない製品は大事な肌を
傷つけてしまいすから
まったく意味がないのです


さて、まずは
石けんでの洗顔ですが・・・


1. 洗顔の前に、長い髪は後ろで
まとめて額をしっかりと出します。

・・・髪の生え際まで洗うために必要なことです

2. きれいに手を洗った後、石鹸を両手で包み込み
手の中で回転させながら少しずつ水を
プラスして泡立てます

3. はじめにまず泡を額にのせます

・・・額は皮脂分泌が多い部分なので
新鮮で洗浄力の高い泡をのせることで
頑固な皮脂をすっきり落とします

4. 次に頬を洗います、顔の中心から外側に
下から円を描くように指を動かしましょう
泡を壊さないように力の入れすぎに注意
して下さいね・・・


額や頬など面積の広い部分を洗ったら
小鼻など細かい部分も皮脂を
かき出すように中指でやさしく、クルクル♪


洗い残しが多いフェイスラインも忘れずに
髪の生え際までしっかりと^^


脂性肌や毛穴の開いている肌は
特に念入りに洗顔します^^


5. 顔を洗い終わったら、水、または
ぬるま湯ですすぎます
泡切れした後、さらに10回すすぎましょう^^

〇 熱いお湯は肌乾燥の原因ですので止めましょう
〇 洗顔後は乾燥を防ぐために肌質に合わせた
  スキンケアを行いましょう

低刺激な天然ゲル化粧品がおすすめです
また、脂性肌の方は2度洗いをおすすめします


●クレンジングジェルによる上手な洗顔方法


1. お顔と手をぬらさずに適量
を手に取ります。

それを額・両頬・あごの4箇所にのせて
お顔全体に全体にのばし、軽くマッサージする
要領で汚れになじませます

ジェルに体温が伝わりますとさらに
マッサージ&パック効果がアップ

2. 皮脂分泌の多い額からクレンジング開始
額の中心から外側に向かって
らせんを描くように指をすべらせます

次に面積の広い頬になじませ
指のはらを使ってやさしくマッサージをする
要領で汚れを浮かしていきます

3. 毛穴の目立つ小鼻は汚れがたまりやすい
凹凸のある部位なので、指先をくるくる動かして
しっかり汚れをとりましょう

皮膚が薄くて敏感な目元はやさしく指先を
スーッとすべらせるようにしましょう
皮膚を引っ張るとシワの元に・・・

忘れることが多いフェイスラインから
あごの裏はニキビができやすいので
あごを上げてしっかりなじませましょう


4. 最後に水、またはぬるま湯で
クレンジングをすすぎます
髪の生え際なども忘れずに
洗い落としましょう

熱いお湯は肌乾燥の原因ですので
止めましょう

洗顔後は乾燥を防ぐために
肌質に合わせたスキンケアを行いましょう


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ホルモンバランスが乱れる季節>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________





春は、肌が若返る季節と言われています・・・が

・・・肌にとって楽な季節などありません^^;
1年の中で春はキッチリお手入れしたいですね~

他のシーズンと比較するとダメージが少ないので
スキンケアの効果が肌に現れやすい季節といえます

アンチエイジングの勝負をかけるなら今!?
「美肌を取り戻すチャンスシーズン」に
しっかりとしたアンチエイジング
を取り入れて、失われた美肌力を
一気に取り戻しましょう


春の空気の乾燥度は冬と同レベル
春の保湿ケアも冬と同じくらい徹底的に
「潤いプロテクト」でいきましょう

そしてそのために欠かせない春のキーワードは
「油分」です。寒暖の差が激しい春の肌は
皮脂の分泌も日によって様々

油分量のコントロールが
春の美肌作りのポイントです
毎朝毎晩、皮脂の分泌量をチェックして
適切な量を適切な部分に使用していきましょう

美容液が肌に馴染んだら
乳液を肌に馴染ませていきます
まずは最も乾燥しやすい目元から

瞼・下瞼、目の下から目尻・こめかみへ
しっかりと乳液を馴染ませて潤いを
閉じ込めていきます

次に、乾燥しやすい口元から頬全体へ
下から上、内側から外側へと頬を
引き上げるように、顔筋に沿ってマッサージ
するように引き上げていきます

決して強く擦らず、指の腹を肌の上に
滑らせるように引き上げていきましょう

皮脂の分泌が減少してきた部分には
クリームでさらに油分を補っていきましょう

● 春はホルモンバランスが乱れる季節!?
「病み上がり肌」なのは肌だけではありません。
春は心も体も敏感で不安定な季節なんです。
冬の間は体を「守る」スタンスで神経が
働いていましたが(交感神経)、暖かくなると体を
「リラックスさせる」ように神経が
働くようになります(副交感神経)

春はこの2つの神経が入れ替わる季節にあたるため
自律神経が不安定になりホルモンバランスが乱れ始めます
このホルモンバランスの乱れが、春に肌荒れや体の不調を
引き起こす大きな原因となっているのです

● 体の内側から・・・
食物から摂取した栄養が
肌にいきわたらなくなるために肌が
栄養不足の状態になり、このような状態が続くと

元気な肌細胞を生み出すことができず
「生まれつきのダメージ肌」が生まれてしまいます
これが肌の衰えの大きな原因でもあります

残念ながら、このダメージ肌を基礎化粧品で
元気にするすることは難しいため、肌に必要な栄養を
摂取して「生まれつき若々しい肌」を生み出すことが
アンチエイジングには欠かせません。
十分な栄養を摂取し元気な肌細胞を生み出すこと
元気に生まれた肌をスキンケアで維持・育てること
・・・どちらも大事な要素

食生活による美容(内面美容)と
スキンケアによる美容(外面美容)を
並行して行うことで、より効果的な
アンチエイジングが可能になります

若々しい肌を保つために必要不可欠な成分
ビタミン、コラーゲン、CoQ10、ヒアルロン酸
セラミドなどを含んだサプリメントなどを
積極的に取り入れることで、慢性的な栄養不足に
効果的に働きかけます

春特有のダメージは油断ならないもの
ばかりですが、きちんと知って対応していれば
それほど問題ではありません

肌にとって楽な季節などありませんが
1年の中で春は「攻めの季節」
アンチエイジングの勝負をかけるなら今
「美肌を取り戻す季節」にしっかりとした
「アンチエイジング」を取り入れて
失われた美肌力を一気に取り戻しましょう^^



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、内側からの美肌健康法を
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】ステロイド外用薬の種類と強さ

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第46号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第45号はいかがでしたか!?参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第46号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ステロイド外用薬の種類と強さ
☆☆今週のピックアップ<ステロイド外用薬の選択>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ ステロイド外用薬の種類と強さ

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
お元気でしたか^^


ここのところ
インフルエンザがずーっと
流行しています


うがいに手洗いに
ウイルスを寄せ付けない
体作りに励みたいですね


さて、前回はステロイド外用剤による
リバウンド現象とステロイド外用薬の
吸収率について、お話致しました


ホント、知ってて良かった
と思える日がきっと来ます


何気なく使っている
スキンケア・ボディーケア製品
洗剤や薬剤など、身の回りのものに
注意を向けると・・・


毎日使っていたものが
あなたの肌を蝕んでいるかもしれません・・・



もう1度、あなたのその目で
見直していただきたいと思います



●ステロイド外用薬の種類

ステロイド外用薬には
下記のとおり、その薬効の強さによって
Strongest(最も強い)からWeak(かなり弱い)まで
5種類に分類されます


●強さⅠ群~Ⅴ群まで
 〇薬品名
☆商品名
 の順番で記載してみました

●Ⅰ群
Strongest(最も強い)


〇プロピオン酸クロベタゾール
☆デルモベート

〇酢酸ジフロラゾン 
☆ジフラール・ダイアコート

●Ⅱ群
very-strong
(非常に強い)


〇プロピオン酸デキサメタゾン
☆メサデルム

〇吉草酸ジフルコルトロン
☆ネリゾナ

〇フルオシノニド 
☆トプシム
☆シマロン

〇酪酸プロピオン酸ヒドロコルチゾン
☆パンデル

〇ジフルプレドナート
☆マイザー

〇ジプロピオン酸ベタメタゾン
☆リンデロン-DP

〇アムシノニド
☆ビスターム

〇ハルシノニド
☆アドコルチン

〇ブデソニド
☆ブデソン

〇フランカルボン酸モメタゾン
☆フルメタ

〇酪酸プロピオン酸ベタメタゾン
☆アンテベート
☆サレックス

●Ⅲ群 
strong(強い)


〇吉草酸ベタメタゾン
☆リンデロン-V ※1
☆リンデロン-VG ※1
☆コルデールG ※1
☆トクダーム

〇吉草酸デキサメタゾン
☆ザルックス
☆ボアラ

〇吉草酸酢酸プレドニゾロン
☆リドメックスコーワ

〇プロピオン酸デプロドン
☆エクラー

〇プロピオン酸ベクロメタゾン
☆プロパデルム
☆フルコート
☆フルオシノロンアセトニド
☆フルコートF ※1

●Ⅳ群
medium
(弱い)


〇酪酸ヒドロコルチゾン
☆ロコイド
☆プランコール

〇酪酸クロベタゾン
☆キンダベート

〇デキサメタゾン
☆グリメサゾン ※2

〇ビバル酸フルメタゾン
☆ロコルテン

〇プロピオン酸アルクロメタゾン
☆アルメタ


〇トリアムシノロンアセトニド
☆ケナコルトA
☆レダコート

●Ⅴ群 
weak(かなり弱い)


〇酢酸デキサメタゾン
☆デクタン

〇酢酸メチルプレドニゾロン
☆ヴェリダーム・メドロールアセテート
☆ヴェリダーム・ネオ・メドロールアセテート ※1

〇酢酸ヒドロコルチゾン
☆コルテス
☆テラ・コートリル ※1

〇メチルプレドニゾロン
☆ネオ・メドロールEE ※1

※1 抗生物質配合
※2 効ヒスタミン剤配合


ステロイド外用薬の種類
そもそも、これだけの種類が存在するのは、
ステロイド外用薬に副作用があるため
患部の炎症のひどい箇所には強いものを

炎症が軽い箇所、ないしはステロイドの
経皮吸収の高い箇所には弱いものを

適切に使い分け、副作用の影響を最小限に抑えつつ、
治療の効果を最大限に高めるためなのです。



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ステロイド外用薬の選択>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


ステロイド外用薬の選択の
基準となるものをご紹介いたします


●重度の場合

高度の腫脹/浮腫/浸潤ないし苔癬化を
伴う紅斑、丘疹の多発、高度の鱗屑
痂皮の付着、小水疱、びらん、多数の掻破痕
痒疹結節などを主体とする


☆外用薬の選択は・・・

必要かつ十分な効果のあるベリーストロング
ないしストロングクラスのステロイド外用薬を
第一選択とする。痒疹結節でベリーストロング
クラスでも十分な効果が得られない場合は

その部位に限定してストロンゲストクラスの
使用もある


●中等症

中等症までの紅斑、鱗屑、少数の
丘疹、掻破痕などを主体とする

☆外用薬の選択は・・・

ストロングないしミディアムクラスのステロイド
外用薬を第一選択とする


●軽症

乾燥および軽度の紅斑,鱗屑など
を主体とする

☆外用薬の選択は・・・

ミディアム以下のステロイド外用薬を
第一選択とする


●軽微

炎症症状に乏しい乾燥症状主体

☆外用薬の選択は・・・

ステロイドを含まない外用薬を選択する

*:日本皮膚科学会アトピー性皮膚炎治療ガイドライン参照

・・・ちょっと、わかりにくい
表現かもしれないですね

〇表現を変えてみましょう

1. 重症

ひどい腫れやむくみ、カサカサ
皮膚が厚くなった状態、多数のブツブツ
また、かさぶたができたり水ぶくれや

ジュクジュクした状態の場合は
「非常に強い」ないしは「強い」
ステロイド外用薬を使う。

それでも効果がない場合は、
塗る箇所を限定して「最も強い」ものを
使用する。


2. 中等症

中程度の赤い斑点やカサカサ
ブツブツが少しあり
引っかき傷があるような状態の場合は
「強い」ないし「弱い」
ステロイド外用薬を使用する。


3. 軽症

軽い赤みやカサカサ、乾燥状態の場合は
「弱い」「かなり弱い」
ステロイド外用薬を使用する。


4. 軽微

乾燥しているが、炎症がない場合は
ステロイド外用薬は使用しない。

という感じで理解してもらえれば
良いかと思います



ちょっと長くなってしまいましたが
次回、例外についてお話したいと
思います。



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^

●今年1月11日にふたたび
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて
紹介されました

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

これも偏にみなさんのおかげです
有難う御座います。


●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、ガイドラインの例外について
   お話したいと思います

   それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。