FC2ブログ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】エネルギーを高める調理法


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第69号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第68号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第69号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ エネルギーを高める調理法
☆☆今週のピックアップ<腹膜透析>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ エネルギーを高める調理法

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんばんは
あなたにとって、この1週間
体調管理は万全でしたか!?


これから、きゅうりや茄子、トマトなど
旬の夏野菜が食べられる季節となりました


やはり、旬の野菜を食べる事が
体にもいいですし、栄養価も高いですね^^


私もトマトや胡瓜なんか丸ごとバリバリ
食べてます^^;


出来合いのお弁当やファミレス・・・
一般的に外食する場合は、どうしても
野菜不足になりがちですね^^;


さて、前回は腎臓病とカロリー計算
でしたね


今回も前回から引き続き
腎臓機能が低下することに関する
付随事項をお伝えしたいと思います


調理方法によって
カロリーが高くなります

卵50g⇒ゆで卵60kcal⇒目玉焼き110kcal⇒スクランブルエッグ210kcal
魚45g⇒焼魚90kcal⇒ムニエル210kcal⇒あんかけ270kcal
なす70g⇒焼きなす10kcal⇒しぎ焼き130kcal⇒てんぷら190kcal
ご飯120g⇒ご飯180kcal⇒チャーハン300kcal⇒ピラフ(炊きこみ)410kcal


『エネルギー量を確保が必要である事は
前回お話しましたが・・・糖尿病を抱える方は参考にしないで下さい』


● 塩分の制限しましょう

塩分は血液の浸透圧を保つために大切です
しかし、腎臓の機能が低下すると
塩分(ナトリウム)や水が尿として排泄できなくなり
むくみの原因となります


また、高血圧も塩分のとりすぎによって起こります
塩分制限が不十分であると、利尿剤の効果が半減して
しまうといわれていますので、塩分の制限を守りましょう


● カリウムの制限しましょう

腎臓の機能が低下するとカリウムが排泄できなくなり
血液中のカリウムが増加することがあります
カリウムの増加は不整脈を起こしたり
心臓を停止する危険がありますので
医師によりカリウム制限を指示された場合は
カリウムの制限を守るようにしてください


● カリウムの減らし方

カリウムは水に溶ける性質があり
食品を刻んで水にさらす、ゆでこぼすことで調理前の
1/5~1/2に減らすことができます

● 食べ方の注意点

1)いも類は、小1個(50g)までは
ゆでこぼさなくてもよいが、他に重なる場合は、ゆでこぼす

2) 果物は全般的にカリウムを多く含む
 特にアボカド、メロン、バナナ、ドライフルーツは避けたほうがよい
 缶詰の果物はシロップの中にカリウムが溶け出しているので
 シロップは飲まない
 1日にとる果物は、みかん1個またはりんご半分程度にする

3)煮豆類は避ける。納豆を除く大豆加工品(豆腐、油揚げなど)は
 カリウムが比較的少ないので、メニューに入れてよい
4)干物類(丸干し、煮干し、かつお節など)は少量にする
5)昆布巻きなど、大量に海草を使う食品は食べないようにする


6)インスタントコーヒーは薄めに入れる
玉露、抹茶はカリウムが多いので避ける
症状に応じて、カリウムのほか、リン、水分の
制限が必要になることがありますので
医師や栄養士の指導のもと正しい食事療法を
進めるようにしてください


● 良質のたんぱく質を摂りましょう

長期にわたるたんぱく質の制限が必要な場合は
身体に欠くことのできない必須アミノ酸を
多く含んだ良質のたんぱく質をとるようにしましょう

摂取するたんぱく質の半分以上を
体内で効率よく利用される動物性食品
(卵、牛乳、魚、肉類、大豆製品など)でとるとよいでしょう


豆腐などの大豆製品は、植物性たんぱく質の中では
栄養価が高く、鉄分の吸収も助けます
動物性食品と組み合わせてとると、腎不全でみられる
貧血に対しても効果的です


ただし、たんぱく質を含む食品には
カリウムやリンも含まれているので注意が必要です
医師、栄養士の指導に従ってください


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<腹膜透析>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



CAPDを行う場合は、CAPDの透析液に
添加してあるブドウ糖の一部が腹膜から吸収されて
エネルギー源となるため、エネルギー制限が必要となります


また、良質のたんぱく質を必要量とること
水分・塩分を控えることが重要になります
CAPDは効率よくカリウムを除去しますので
原則としてカリウムは制限しません


● エネルギー量の制限

透析液のブドウ糖濃度によって
吸収されるエネルギー量は違いますが
一般に1日に400~500kcalが吸収されます


そのため、この分だけ食事からとる
エネルギー量を減らさなくてはなりません
痩せた方はあまり気にしないでよいのですが
標準体重や肥満気味の方は
糖質と脂質を減らしてエネルギー量の制限を守らないと
どんどん太ってしまう恐れがあります


● 良質のたんぱく質を必要量摂りましょう

CAPDの場合、1日に5~10gの
たんぱく質が透析液に漏れ出てしまうので
たんぱく質は多めにとってください
摂取量は健康な場合のたんぱく質
必要量(体重1kg当たり1.2g)より
15%程度多くしてもよいでしょう


● 水分・塩分の制限は・・・

CAPDは水分や塩分の制限がないと
考えている方がいますが、これは間違いです

CAPDでの水分の管理にも限界がありますし
水分を除去するためにブドウ糖濃度の高い
透析液を使うと、肥満につながる恐れがあります

水分は控えめにするよう心がけてください
また、塩分の制限は水分を管理する上でも
大切ですので、1日7~10g以下に
抑えるようにしてください

☆ 血液透析(HD)

血液透析を行う場合、カリウムの制限
良質のたんぱく質を必要量とること
十分なエネルギーをとることに加え
水分管理が重要になります

食事内容は透析の治療効果に
大きく影響しますので、正しい食事療法を
続けることが大切です


● 水分・塩分の制限は・・・

透析の終了時から次の透析までの間にみられる
体重の増加は、水分がたまるためです

透析の患者さんにとって、体重管理は即ち水分管理であり
とても大切です。また、塩分をとりすぎると喉が渇くため
水分の制限が難しくなります

上手に水分を管理するために
塩分制限をきちんと守るようにしましょう


● カリウムの制限は・・・

血液透析をしていると血液中のカリウムの
量が多くなりやすいので、しっかり制限を守りましょう

● 良質のたんぱく質を必要量摂りましょう

透析を始めた患者さんは、健康な人の
たんぱく質必要量(体重1kg当たり1.2g)と
同等のたんぱく質をとってよいでしょう
ただし、良質のたんぱく質を選びましょう


● 十分なエネルギー量を摂りましょう

エネルギー量が不足すると、体タンパクの異化が亢進し
カリウムも高くなりやすくなります
また、貧血も改善しません

長期にわたり腎臓病の治療を続けている患者さんは
どちらかというと痩せ気味の方が多いので
エネルギーをしっかりとるようにしてください



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、夏へ向けての紫外線対策について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

スポンサーサイト

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 食事療法
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

疾病別食事療法Part2<虚血性心疾患>

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第67号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第66号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第67号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 疾病別食事療法Part2<虚血性心疾患>
☆☆今週のピックアップ<糖尿病>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 疾病別食事療法Part2<虚血性心疾患>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



日曜日まではいい天気に
恵まれそうです


水のみならず塩分も
必要ですよ~とくに力仕事を
する人は尚更です


さて、前回は高血圧でしたね
高血圧といえば・・・減塩ですよね


高血圧は動脈硬化を招いて
さらに虚血性心疾患・・・狭心症、心筋梗塞など
腎臓病、脳血管疾患を引き起こす要因の1つです


あとは・・・肥満ですよね~
野菜中心の脂質を抑えた食事が
ベストでしょう・・・


・・・アルコールも程ほどに^^;


今回は
虚血性心疾患について
お話しようかと思います


動脈硬化が原因で心臓に必要な血液が
供給されないために起こる狭心症、心筋梗塞を
虚血性心疾患といいます。


治療では、動脈硬化を進行させないことが
重要なポイントとなります。
高血圧、糖尿病、高脂血症、肥満、喫煙は
動脈硬化を促進します。


医師や栄養士の指導を受けて、
症状に応じた食事療法を正しく行うように
しましょう。


食事療法の基本とは

1.減塩

1日に摂取する塩分量は医師の指示量にします。
・・・一般には7g以下


2.低脂肪・低コレステロール!!

一般に成人の場合、1日のエネルギー所要量のうち、
脂質からとるのは20~25%が望ましいとされています。
脂質の摂取量を減らすことは、肥満の予防、
解消にもつながります。脂質の中でも、
コレステロールの量を低下させる効果のある
植物性食品や魚介類を多くとるようにしましょう。



3.適切なエネルギー量を摂りましょう

肥満は動脈硬化を促進する
大きな要因となるだけでなく、心臓にも負担をかけます。
肥満気味の方は、医師や栄養士に決められた
エネルギー量を守り、適正体重に近づける努力が必要です。


4.アルコールはやめるのが基本

心臓にトラブルのある患者さんは、
お酒はやめるのが一番。どうしても飲みたい方は、
医師の指示に従ってください。


5.食物繊維をとる

食物繊維にはコレステロールの吸収を
抑える効果があります。また、よくかむことで
満腹感が得られ、食べすぎの予防にもなります。


6.ビタミン、ミネラルをとる

体の生理機能に関わるビタミン、
ミネラルを豊富に含む緑黄色野菜、
海草類などは意識的にとるようにしましょう。


7.1日3食きちんと食べる

3食をきちんと食べることは、
体の状態を安定させるためにも大切です。
また、食事によって生活のリズムを規則正しいものに
することもできるでしょう。


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<糖尿病>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



私の知り合いにも
いるんですが・・・


お腹の肉をつまんで
注射を打っています・・・


怖いですね・・・
症状が無いままに
体を蝕んでいく病気ですから・・・


これも生活習慣病の1つ
ですよね・・・



糖尿病

糖尿病は症状のない時期が長く
治療しないまま放置されるケースが
多くみられます


しかし、糖尿病は動脈硬化の要因となるだけでなく
悪化すると網膜症、神経障害、腎症などの合併症も
引き起こします


合併症の発症を遅らせ、日常生活を健康に送るために
食事療法は大切な治療法です

糖尿病の食事療法では、血糖のコントロールが基本になります
必要なエネルギー量と栄養素を過不足なくとり
過剰な摂取をさけることが大切です


また、状態がよくなったからといって
油断して暴飲暴食をしてしまうと
せっかくの治療がむだになります



食事療法の基本

1.適切なエネルギー量とは・・・

医師の指導によって、患者さんの年令、性別
身長、体重、日々の生活活動量などに基づいた
1日の食事の量(エネルギ-量)が決められます

糖尿病の患者さんは、1日の指示された
エネルギー量を守るために、ぜひカロリー計算を
マスターしましょう


2.バランスよく食べましょう

糖尿病の食事療法では、とくによい食品もありませんが
食べてはいけない食品もほとんどありません

毎日、いろいろな食品をとり混ぜて
それぞれ適正な量を食べることが大切です
エネルギー量を減らすために、糖質を含む食品だけを
減らすような献立はよくありません


3.アルコール、甘いものは控えめに

糖分を多く含む甘いお菓子などは
血糖の上昇につながるので控えたほうがよいでしょう
甘いものやアルコールは中性脂肪を増やす直接の
原因にもなります。また、食事が不規則になりやすいので
気をつけましょう


4.食物繊維をとりましょう

食物繊維はコレステロールを減らし
脂質の吸収を抑える効果があります
野菜、海草類、豆類、いも類、こんにゃくを
メニューにとり入れて、積極的に食べるようにしましょう


5.1日3食きちんと食べましょう

同じエネルギー量の食事でも
1食だけに集中して食べると血糖の変動が大きくなります
3度の食事は均等を基本とし、
規則正しく適量食べるようにしましょう


糖尿病の食事療法における
カロリーの計算方法とは・・・


・・・具体的なカロリー計算の方法については
医師や栄養士の説明をよく聞いてください


糖尿病の食事療法では、80kcalを1単位として
計算する食品交換表を活用した
カロリー計算が用いられます


1日の指示エネルギー量が1,600kcalならば
20単位ということです。また、エネルギー量だけでなく
どのような食品からどれだけのエネルギーを
摂取するかというバランスも大切です




_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、疾病別食事療法Part3
  のお話をしたいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 食事療法
  2. | トラックバック:1
  3. | コメント:0

【特集】疾病別食事療法その1高血圧

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第66号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第65号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第66号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 疾病別食事療法その1高血圧
☆☆今週のピックアップ<高脂血症に注意>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は不定期です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 疾病別食事療法その1高血圧

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
ここ2~3日天候が
荒れそうですね・・・


こんな日はお家で
ゆっくりと過ごすのも
いいかもしれません^^


さて、前回は栄養のバランスについて
お話しました・・・



初回のメルマガで
ひび・あかぎれの話から
いつの間にか、体全体の話にまで
広がってしまいましたが^^;


食事というものは体を作る源です
食べたものは血となり、肉となり
あなたの体の組織を作ります



病気にならない体作り=健康=若さ=美しさ・・・
・・・ちょっとオーバーですか^^;


いづれにしても
切っても切れない関係ですから



その意味合いも込めて
お伝えできればと考えています



栄養のバランスは誰しも
考えている事だと思います



ですが、どうしてもバランスよく
とは、なかなか行かない時も
ありますよね・・・


そんな時は・・・どうでしたっけ!?
・・・マルチビタミン!?それもアリですね^^


前回のお話では、ポイントを絞って
紹介してますから、わかりやすいと思います
是非、参考にして下さいね


今回は
疾病別食事療法のなかで
高血圧についてお話したいと思います


● 高血圧

高血圧は動脈硬化を招き
さらに虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)や
腎臓病、脳血管疾患を引き起こす要因の1つとなります
高血圧のなかには食事療法で改善が
期待できるタイプもあります


食事療法の基本は・・・


1.減塩しましょう

高血圧の患者さんの中でも
「食塩感受性」の方は食塩の摂取量で
大きく血圧が変動しますので
減塩が最大のポイントになります
「非食塩感受性」の方も減塩は大切な要素です
大量に発汗した場合を除けば、
1日の塩分摂取量は2g程度で十分です
多くても7g以下に抑えるようにしましょう



2.適切なエネルギー量を摂りましょう

肥満は血圧を上げる要因です
栄養士の指導を受け、標準体重を保てる
エネルギー量の食事をしましょう


3.バランスよく食べましょう

エネルギー源は穀類、いも類、豆類から
とるようにします。また、野菜中心の脂質を
抑えた食事を心がけましょう


ビタミン、ミネラルを積極的に
とるのも大切なことです


ただし、腎臓病の方はカリウムの制限が
必要な場合があります
医師や栄養士の指導を受けてください


4.アルコールは控えめに・・・

多量のアルコールを飲み続けた場合
そうでない人より血圧が高くなります
飲酒量は1日の許容範囲にとどめ
週に1、2日はアルコール抜きの日を
つくりましょう



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<高脂血症に注意>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



前回のピックアップは
食物繊維とアルコールでしたね


ビールなら中瓶1本、日本酒は1合
ウィスキーはダブルで1杯までが
病気のない一般の人の適量です


・・・以外にお酒の適量って
少ないでしょう^^;
あなたも飲み過ぎていませんか・・・!?


● 高脂血症

高脂血症は動脈硬化を引き起こす
大きな要因です


高脂血症はそれ自体、自覚症状が
あるわけではありません


しかし、放置しておくと
高血圧、動脈硬化、糖尿病などの
原因や誘因となり、脳血管障害や
心筋梗塞を起こす可能性も高まります


従って、早期発見をすることが大切で
発見された場合はたとえ自覚症状がなくても
長期の根気ある治療が必要になります


食生活の変化から、中高年世代だけでなく
10代、20代の若い人たちの間でも
高脂血症患者が増える傾向にあります


患者さんの中には、遺伝的な素因のほか
肝臓病、腎臓病、甲状腺機能低下症
糖尿病から高脂血症を併発している
方もいます


また、肥満に伴って
この症状がみられる患者さんもいます


血液中の脂肪でとくに問題になるのは
コレステロールと中性脂肪です


高脂血症の患者さんでは、
両方の数値が高いケースが多くみられます
食事療法とともに、適度な運動も行いましょう



食事療法の基本

1.適正体重、適正カロリーは・・・

一般に、成人の脂質摂取量は
1日のエネルギー所要量の20~25%が
望ましいとされています


脂質の摂取量を減らすことは
エネルギー量を減らすことですから
肥満の解消にもなります


2.アルコール、甘いものは控えめにしましょう

アルコールや甘いものは食事を
不規則にする要因になります
また、中性脂肪を増やす直接の
原因にもなりますので気をつけましょう


3.食物繊維を摂りましょう

食物繊維には血中のコレステロール値を
下げる効果があります


野菜、海草類、豆類、いも類、こんにゃくなどを
メニューにとり入れて、積極的に食べるように
しましょう


4.1日3食きちんと食べること

不規則な食事は脂肪を体内に
ためる原因になります
3食きちんと食べ、間食や夜食をとらない
食生活をしましょう



やはりビタミン・ミネラルは・・・
生命を維持するための生理作用に
必要不可欠・・・
食物繊維と一緒に摂りましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、疾病別食事療法Part2について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

テーマ:美容・健康 - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. 食事療法
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。