スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

【特集】改善すべき肌のトラブル


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第75号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんにちは、発行人のKENNYです
第74号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第75号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 改善すべき肌のトラブルPart1
☆☆今週のピックアップ<お肌の状態に合ったケア>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 改善すべき肌のトラブル

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
お盆も終わり朝夕は
だいぶ過ごし易くなりましたね


あなたはお出掛けしましたか!?
南の島で!?ゆったりと・・・


「違う?おうちでのんびり!?」
私は前半天気が雨で、どこへも
出掛けられませんでしたが


後半は友達とゆっくり
時間を過ごす事が出来ましたよ^^


天気も良かったので
結構日に焼けましたね~


あなたのお肌は大丈夫!?


今は総選挙一色ですが
メルマガとは
・・・まったく関係ないんですけどね^^;



さて、本題に入りましょう
前回は、肌老化とアイケアでしたね


皮膚の薄い所・・・
特に目ですよね~年齢を感じさせる所・・・


年を重ねると、ついつい厚化粧に成りがち^^;
また、化粧を落とすのも一苦労・・・


クレンジングや洗顔で保湿成分も
奪われて乾燥も速まります



● 乾燥肌の改善
「乾燥がお肌にもたらすもの…」

・薄く硬いシワができやすい肌
・ハリも弾力もなく、たるんだ肌
・ひび割れて、刺激物質や細菌が入り込みやすい弱い肌
・かさかさで化粧ノリの悪い肌

・・・などなど
乾燥肌のマイナス点を
言い出したらきりがありません


また肌の乾燥は、あらゆる肌老化の原因
といっても過言ではありません…


「ズバリ乾燥肌は何を求めているか?」
「どのような保湿化粧品があればいいのか?」


そんな保湿化粧品選びのコツがわかれば
乾燥肌なんて怖くありません

乾燥肌が求めている正しい保湿化粧品を使って
ぷるぷる赤ちゃん肌をゲットしましょう

● 乾燥肌と保湿成分
よく聞くことば「角質層」

お肌はミルフィーユのように何層にも分かれていて
そのいちばん上、外界と直接接している層が角質層です

角質層には外界の刺激物質・細菌から守る役目と
肌の潤いを保つという大事な役目があり
わずか 2000 分の 1 ミリの厚さしかありませんが
実に15~40%の水分を含んでいます

この角質層に水分をたっぷり含んだ状態が
肌が潤った状態であり、水分が少ない状態が
乾燥肌というわけです
保湿の3因子とは・・・

肌の潤いを左右する角質層には様々な
保湿成分が含まれていて、その代表的なものが
保湿の3因子と呼ばれています

1.セラミド(細胞間脂質)
 水の分子を包み込んで逃がしません
2.皮脂
3.天然保湿因子 
 アミノ酸・尿素などからできています


圧倒的な保湿力を誇るセラミドと
他の2つが互いに働きあって
私たちの肌を乾燥から防いでいます

ところが・・・残念なことにこれらの保湿成分は
毎日の生活(メイク落とし・洗顔・温度差など)
で簡単に失われてしまいます


乾燥肌とは、このような保湿3因子が
失われることにより、肌本来の潤いを
保つ働きが機能していない状態を指します

このような状態の肌に化粧水などで
水を中心に水分補給しても
ザルに水を注ぐようなもので
効果的とはいえません


乾燥肌を改善する為には
まず、失われた保湿成分を
補うことが先決といえます

つまり保湿とは水を補うことではなく
「保湿成分を補うこと」なのです

● お肌が求めている化粧品とは・・・


保湿化粧品に含まれる成分で頻繁に目にするものを
保湿力の高いものから順にご紹介します


潤い肌を目指す為にも、これらの成分を含んだ
化粧水・美容液・クリーム・乳液を使うことをオススメします

1.水分を包み込んで逃がさない成分


・セラミド 角質細胞間脂質の約4割を占める
湿度が下がっても水分を逃がさない
・スフィンゴ脂質 セラミド以外の細胞間脂質
・レシチン 大豆から取れる成分でセラミドと
似た働きをする

2.水分をたくさん含んで逃がさない成分


・ヒアルロン酸
・コラーゲン 肌内部では弾力を保つのに働いているが、
 皮膚の上から塗った場合には真皮まで
 吸収されずに保湿成分になる
・エラスチン
・ヘパリン類似物質
3.吸湿力のある成分

・天然保湿因子(アミノ酸・尿素・PCA)
・PG、グリセリン、BG
4.油分でふたをするもの

ツバキ油、ホホバ油、ミンクオイル、スクアランオイル、ワセリン


なんとなく「はじめは化粧水、次に美容液
最後にクリーム付けてハイOK」では
気休め程度の乾燥肌対策しかできません


目的を持って、ちょっと配合成分に気を使うだけで
お肌の反応はグッと変わります

保湿化粧品を選ぶときは
「肌本来の働きを助ける保湿成分」が
含まれているものかどうかをチェックして
お肌の乾燥度に合わせて選んでみてくださいね




_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<お肌の状態に合ったケア>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


水分を閉じ込めるのは本来でしたら
皮脂の役割なのですが

年齢が進んだ肌は皮脂の
分泌量が減少しているため
皮脂の代わりにクリームを使用して下さい


また、外から保湿成分を
吸収しようにも限度はありますから
体の内側からも摂取する事も大事です



●お肌の状況にあったケア・・・

1.洗顔→2.化粧水→3.美容液→4.乳液→5.クリーム・・・
基礎化粧品を同じブランドのラインでしっかりと揃えて
〇〇さんに教えてもらったマニュアル通りに毎日しっかり
このような女性が多いようです

でもお肌の状態は毎日変わっているのに
同じスキンケアの一点張りでいいのでしょうか?

季節や天気、食べている物や心の状態によって
お肌の状態は毎日変化しています
その変化に応じて自分で「さじ加減」してあげることが
肌を健康に保つ上で大切なファクターです


では毎日のお肌の変化に対応する為に
最低限なにを揃えておけばよいのでしょうか・・・

まずメイクをする方はメイク落しですね
クリームか乳液タイプの洗い流せるものをオススメします

・・・いま主流のオイルクレンジングは
顔中に塗ったオイルを水で洗い流す為に
お肌に悪い界面活性剤をもっとも多く含んでいます


また、TV コマーシャルでご存知の
拭き取りタイプは最も刺激が強く
加えて、カビさせない為の防腐剤も
多く含んでいるため肌荒れの原因となります
お肌のことを考えると、このふたつは避けるに
こしたことはありません


次に、洗顔料。乾燥肌の方にも、しっとり系より
「さっぱり系」をオススメします

洗顔で大事なのは
半端に油分を与えることではなく
クレンジングでの落とし残しや油分を
しっかり落すことです


しかもできるだけ「短時間」で
最近は各メーカーともに
がっちりクレンジング+しっとり洗顔が
流行のようですが


肌のためには・・・
優しくクレンジング+さっぱり洗顔ですね


あとは、保湿成分を含んだ化粧水
(アルコールがきつくないもの)+セラミドや
ヒアルロン酸などの保湿成分を含んだ美容液


+保湿成分を含んだクリーム
これらがあれば毎日の肌の変化に
対応して乾燥対策ができるでしょう

⇒これらは同じブランド・メーカーで
揃える必要はまったくありません


化粧品はクスリではないので
「混ぜるな危険」ってことは一切ありません

スキンケアの達人は、
「化粧水はココ、美容液はこれがイチバン」と
ブランドにこだわらずに選んでいるようです


洗顔後、化粧水を顔全体になじませ
Uゾーンに美容液、乾燥しがちな目や口の周りにだけ
クリームを付けていくというのが基本的な保湿の方法です
この方法をベースに毎日の肌の状態に応じて
アレンジしていきましょう

毎日のお手入れは朝起きたときの
肌の状態を見ることから始まります

もし皮脂が浮いてベタベタするようだったら
その日のスキンケアは油分を抑え水分補給を中心にします

こういう日は皮脂分泌が活発だ
ということですので、洗顔で油分を落しても
数時間後にはまた皮脂が出てきてしまいます


Uゾーンはいつもどおりに美容液をつけて
目元・口元もクリームではなく美容液にする
またはクリームを少量にする、などで対応します



反対にカサカサと乾燥しているようでしたら
化粧水の後、いつもだったら U ゾーンにだけ
つけていた美容液を顔全体に馴染ませ
さらに U ゾーンや目元口元にはクリームや
乳液をつけて油分を補給しましょう


顔の部分によって、ベタベタ・カサカサが
分かれている混合肌の場合もすることは同じです


まず、顔のどの部分がベタついているのか
どこが乾いているのかをしっかりチェックします


べたつくところだけ 2 回洗顔したり
カサつくところだけ美容液を重ね塗りする

美容液+クリームにするなど
部分によってスキンケアを変えてあげます


このように、毎朝のお肌の状態に合わせて
ケアしてあげることが肌のトラブル・乾燥を防ぎます。


大切なのはお肌と会話して
何を欲しがっているのか聞いてあげること
そして、しっかり与えてあげることです
ここに挙げた方法は一例に過ぎません
自分に合った方法を探してみてくださいね


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、『化粧品は手でつける・・・』
  についてお話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

スポンサーサイト
  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】肌老化について

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第74号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第73号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第74号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ 肌老化について
☆☆今週のピックアップ<アイケアについて>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は不定期です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 肌老化について

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんばんは
お盆休みはいかがお過ごしですか^^


連休前半は雨ばかり降ってましたね・・・
どこへも出かけられなかったんじゃない
私もその一人です


昨日からかなぁ・・・
天気が回復してきましたね


暦上は秋になっていますが
まだまだ暑い残暑は続くと思います


紫外線対策は万全にしたいですね^^


さて、前回はシワの原因について
お話しましたね


紫外線、乾燥、保湿・・・etc
詳しくは前回のメルマガを是非
見てくださいね^^



で、今回は肌老化の原因について
情報をお伝えしたいと思います^^


● 目元は皮膚が薄い

目元は、私たちの体の中で最も皮下脂肪が少なく
皮膚が薄い部分です。


つまり、他の部分に比べて乾燥しやすく
ハリを保つ力が弱いということ、


また外部からの刺激によるダメージを
受けやいということです

そのためシワやたるみが起こりやすく
また、血行障害によるクマ・くすみも
目立ってしまいます

● 乾燥

目元は皮膚が薄いためとても乾燥しやすい部分です
そのため経年に伴う保湿成分の減少の影響を受けやすく
ちりめんじわや小じわ、たるみを招いてしまいます

● 表情の変化

私たちの目は、瞳を乾燥から守るために
1分間に20~30回もまばたきをしています


加えて、笑ったり泣いたり怒ったりといった
表情の変化によって、目元の筋肉は休むことなく
運動をしています

そのため薄い皮膚は表情筋の影響を受けやすく
シワやたるみを招いてしまうのです

● クレンジングや洗顔の影響

目元はどうしても、化粧が多くなってしまいますよね
下地にファンデにアイシャドウにアイラインにマスカラ・・・
薄い皮膚は化粧品によるダメージを多大に受けてしまいます

しかしそれよりもダメージを与えてしまうのが
「クレンジングと洗顔」です


目元のしっかりメイクを落とすために
刺激の強いクレンジン料や洗顔料をつかって
ついついゴシゴシと擦ってしまいがちです

ただでさえ乾燥しがちの目元の肌は
クレンジングや洗顔でしっかりと


保湿成分までも失われ、さらに擦る刺激で
大きなダメージを負ってしまいます

以上のことから、目元のスキンケア(アイケア)は
アンチエイジングにおいてとても大切だという事が
お分かりいただけたと思います

「他の部分と同じスキンケアでは駄目!」
と心がけましょう


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<アイケアについて>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


目元を若々しく保つ上で大切なのは、何より保湿です。
なにはなくとも保湿です。

クレンジング・洗顔の後、
丁寧に化粧水をなじませます。

化粧水がある程度乾いて肌になじんだら
次に美容液を付けていくのですが、


美容液はセラミドやヒアルロン酸・コラーゲン
などが配合された保湿力の高いものがお勧めです


目尻や眉間の表情ジワが気になるようでしたら
アルジルリン配合の美容液もお勧めです

指の腹で美容液を目元の数箇所に置いて
指の腹で優しく押さえるようになじませていきます


このときに注意しなければならないのは
絶対に擦らないということです


目元は皮膚が薄く、
ダメージを受けやすい部分です
擦る刺激はしみや肌荒れの原因
となりますので注意しましょう

次に、水分が逃げないようにクリームで
上からふたする必要があります


水分を閉じ込めるのは本来でしたら
皮脂の役割なのですが、年齢が進んだ肌は皮脂の
分泌量が減少しているため、皮脂の代わりに
クリームを使用します
クリームも美容液と同様に保湿成分を含んだものを
指の腹を使って丁寧に肌に馴染ませていきます


寝ている間にも肌は乾燥していきますので
夜寝る前は多少ベットリとするくらい目元に
クリームを塗るとよいでしょう
● 体の中から潤いをUPさせる

保湿化粧品に頼りきりではいけません
残念なことに体の外から保湿成分を
補うだけでは不十分といえます


毎日の生活の中から
肌へのダメージや乾燥を防ぐことが大切です

まずは食生活。私たちの肌を作っているのは
食べ物から消化吸収している栄養素です


外から化粧品で与える栄養も大切なのですが
食物から得られるものにはかないません


食事はもちろん、普段から肌の潤いを守る
サプリメントを取り入れるのも効果的です


体が必要としている栄養素を
バランスよくとることで、肌は活発に細胞分裂し
生まれたての瑞々しい肌が保たれます

次に睡眠。私たちが眠っているときに
お肌は活発に作られています
最低でも6時間、できれば夜10時から午前3時の間
に熟睡できるようにしましょう。


目元は肌の老化が出やすい部分です
しかしそれだけに、毎日手をかけてあげると
確実に効果が感じられます


小じわやちりめんじわは乾燥によるものですので
毎日しっかりと保湿を続けることで改善が可能です

アンチエイジングに「もう手遅れ」はありません
肌の老化を遅らせるために、時計の針を少しだけ
戻すためにも、毎日お肌と会話してケアしてあげましょう


次回は肌トラブルについて
お話したいと思います


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、肌トラブルを改善について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************
  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【シワの原因と対策Part2】


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第73号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第72号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第73号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ シワの原因と対策Part2
☆☆今週のピックアップ<表情ジワ対策>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ シワの原因と対策Part2

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________



こんばんは
ここ1週間は天気もコロコロ変って
すっきりしない毎日でしたね


湿度も高いですし、気温も高い
毎日、汗もタップリ掻くので


お風呂やシャワーを
入らずには居られませんでしたね~


あなたの体調は大丈夫ですか!?

前回は『何故、シワが出来るのか』
についてお話しました


また、お手入れに関する
情報もご紹介しましたが


今回はシワの原因の1つ
紫外線についてお話したいと思います



●紫外線

しわの原因でもっとも大きなものは
「紫外線」です。
意外ですか?紫外線の恐ろしさは
日焼けだけではありません


紫外線には、たった数分浴びただけで
肌のハリや弾力を担うコラーゲンや
エラスチンを破壊してしまうという
作用があります

ハリや弾力を失った肌は、表情の変化による
癖がつきやすいし、外からの刺激にも弱い・・・
まさに小じわやちりめんじわができやすい状態。
放っておいたらあっという間にシワだらけです・・・

●しわ対策その① 「紫外線対策をしっかり」

小じわやちりめんじわを作らないためには
紫外線を直接素肌に浴びないようにすること
がとても大切です

紫外線は 1 年中降り注いでいます
その季節・場所に応じて、日焼け止め化粧品
ファンデーション、サングラス、帽子、日傘などで
防ぐようにしましょう

ほんの数分浴びただけで数時間後には
コラーゲンを切断する酵素が作られ始めます
お肌のことを考えたら、ちょっとの油断も禁物です


● 乾燥

次に挙げられるのは、お肌の乾燥です
目元の小じわや目の下のちりめんじわなどは
その代表例です

肌表面の角質は乾燥すると薄く硬くなり
弾力が失われてしまいます
さらに、乾燥した肌はひび割れて
肌内部の水分や保湿成分が逃げ出しやすい
状態になっていますので、放っておくと
肌内部にまでダメージが及んでしまいます

そうなってしまうと小じわ・ちりめんじわどころの
騒ぎではなくなってしまいますので
早め早めのケアがとても大切です

●しわ対策その②「保湿をしっかり」

小じわ・ちりめんじわに気がついたらすぐに
保湿力の高い美容液やクリームで毎日お手入れ
してあげましょう。小じわ・ちりめんじわは
すぐに対処すれば消すことができます


ですが、放っておいたら、
肌の損傷が深いところまで達し致命的な
しわになってしまいます。本当に早め早めに・・・

大切なのは肌の水分量を増やすこと
乾いて硬くなってしまった
角質を柔らかくしてあげてください

保湿力の高い美容液やクリームを
おやすみ前に気になる部分にべたっとするくらい
多めにつけてあげましょう。小じわ・ちりめんじわなら
あきらめないで続けることで必ず改善します

●角質コントロールと保湿サプリで効果UP

30代以降は角質が厚くなりやすく水分を
表面から吸収しにくくなっています
ときどきピーリング剤や酵素洗顔料で
古い角質を取り除いてあげると、水分や美容成分の
吸収力が高まるのでオススメです

新陳代謝を促進する成分が含まれた
美容液もあります。(アルジェアクションもそのひとつです)
 このようなタイプは毎日使うことで
優しく働きかけますので、肌への負担が少なく安心です

また、保湿化粧品と同じくらい大切なのは食事の内容です
保湿に適したサプリ等もあるので積極的に取り入れて
上手に肌の調子を整えましょう

二十歳を過ぎてからは、「ほったらかし」では
光老化や乾燥に太刀打ちできませんが
自然に失われていくものを上手に補ってあげるだけで
お肌は若々しく保つことができます

いくつになっても、お肌は自分の力で
元気になろうとしています
自分でできることは
してあげたいですね



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<表情ジワ対策>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


● 表情ジワ対策 

実年齢よりも私たちを老けて見せる表情ジワ
表情ジワって本当に嫌ですよね・・・

でもご安心を!毎日のちょっとした肌への気遣いで
表情ジワはググっと出来にくくなります!

お肌だって私達の一部
手をかけてあげれば決して裏切りません

しかしながら、手強い相手であることに
変わりはありません

深くなればなるほど改善は難しく
なってしまいますので

①しわを作らないこと
②これ以上、進行させないこと

このふたつを普段から心がけることが
美しさを保つためにとても大切なのです

そして何より肝心なのが

③深い表情ジワも絶対にあきらめないこと!

本題の表情ジワ対策へ。表情ジワとはそもそも何かといいますと
文字通り「表情の変化によって作られるシワ」です
笑って出来る目尻の笑いじわ・しかめっ面でできる
眉間の縦しわ・困った顔でできる額の横じわ

これらは全て表情ジワです
また姿勢が悪かったり、枕が高いとできてしまう
首のシワなども立派な表情ジワです

年齢に伴い肌の弾力が失われる事によって
長い人生でくりかえしてきた
「表情の変化」・「癖になっている表情」・「姿勢」が
肌にクセをつけ、表情ジワになってしまうのです


普段の自分の生活習慣を気にしてみると
思い当たる節がありませんか?

・いつも決まった方で頬杖をついている
・気がついたら眉間に力が入っている
・寝るときはいつも決った方を下にして寝る

などなど、日頃の生活のなかに表情ジワを
つくる原因は沢山潜んでいます

● 日頃から気を付けていれば
表情ジワは出来にくくなりますし
進行も遅らせられます!

まずは鏡を見ながら、どういう表情で
どこにシワができているのかを知ってください。
それが表情ジワです。シワがよる表情や仕草を
日ごろから気をつけることが大切です

● 常に自分がいまどういう顔を
しているか意識する

●[ 顔の表情 ]

顔の筋肉に余計な力が入っていない
自然な表情がイチバンです
力が入っていると、必ずどこかに
表情ジワができてしまいます
・笑顔はとてもステキですが、笑ったままでいないように 
・眉間や額にしわをよせないようにする
・口をつぐんだままでいないようにする
・目を細めて字を読んだりしないように


●[ 顔の状態 ]

肌に対して、外から余計な力を加えないように気をつけます。
・頬杖をつかない
・寝るときは仰向けで
・クレンジング・洗顔時に力を入れてコスリ過ぎないように
・ フェイスマッサージは優しく・こすらないようにすることが大切です
・メイクの途中も気をつけて!

例 アイラインを引くとき肌をひっぱる、
  ビューラーを使うときおでこにしわをよせない・・・etc

● キレイな姿勢を意識してください

姿勢が悪いと必ずどこかの肌に
余計な力が集中してしまい、表情ジワの元になります
また、見た目にも大人の女性の美しさが
感じられませんので注意が必要です

・椅子に座ったとき、お尻をずらして背もたれによしかかると
頭が前に倒れ首にしわがよります

・パソコンをしている時やデスクワーク中など
背中を曲げて下ばかり見ていると首にしわがよりますし
顔のむくみ・肩こりの原因にもなります

・人と会話をしている時も体ごとその人の方を向く
→頭だけで向いていると、首がねじれた状態で首にしわがよりますし
アゴの下にもしわができます

● アンチエイジング化粧品でのスキンケア

一般的な化粧品では、残念ながら
表情ジワを改善することはできません。
表情ジワ専用の美容液や化粧水・クリームの
ご使用をお勧めいたします
● 食事・睡眠から気をつける

まずは食生活。私たちの肌を作っているのは
食べ物から消化吸収している栄養素です
食事はもちろん、普段から肌の潤いを守るサプリメント
を取り入れるのも効果的です

体が必要としている栄養素をバランスよくとることで
肌は活発に細胞分裂し、生まれたての瑞々しい肌が保たれます

次に睡眠。私たちが眠っているときに
お肌は活発に作られています。最低でも6時間
できれば夜10時から午前3時の間に
熟睡できるようにしましょう

● 表情ジワ対策

人間の体は良くも悪くも「素直」です

負担をかけ続けると表情ジワになってしまうのと同じように
大事にしてあげると、元気に育ちます

考えてみてください。長い期間
矯正下着を身に着けて頑張れば
背中のお肉だって胸になっちゃうんです


毎日指輪をつけている指が自然と細くなって
サイズが合わなくなる事でもわかりますね

「そんなの毎日、気にしていられない!」
などと投げやりにならないで、楽な気持ちで
心に留めておいてください
たったそれだけで、「美しい肌」
にまた一歩近づくのですから
肌は毎日、再生しようと頑張っています
● アイケア 目元のたるみ・しわのケア
目元はとても悩みが多い部分ですよね
代表的なのは、目尻のシワやちりめんじわ
目袋のたるみ、クマやくすみなどなど
目立つ場所ですし「悩みナンバーワン」
の方も多いでしょう

どうして目の周辺ばかりに肌老化や
トラブルが多いのでしょうか?

次回はそのメカニズムと正しいアイケアに
ついてふれてみます


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、肌老化について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】シワ対策Part1


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第72号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第71号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第72号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆ しわについて
☆☆今週のピックアップ<シワ対策Part1>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ しわについて

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________






紫外線対策Part2お肌のお手入れと
ダメージ肌についてお話しましたね^^


今回は、あなたにとっても
とっても気になるシワのお話



『・・・何故シワが出来るのかしら!?』
と疑問に思うときもあるでしょう


その原因の元、シワ対策まで
おなたに役立つ情報をお伝え致します


しわができるまで・・・
【肌の乾燥】

肌はミルフィーユのように何層かに分かれていて
そのなかでも肌の表面側にある「表皮」肌の潤いを
保つのに大きく貢献しています


ところがその表皮にある保湿成分や皮脂は
間違ったスキンケアをしてしまったり
年齢が進むことによって失われやすく
その結果、肌の乾燥を招いてしまいます


肌の乾燥はシワの最大の原因。乾燥した表皮は
薄く硬くなって弾力を失うことで小じわやちりめんじわが
できやすい状態になってしまいます

小じわやちりめんじわの段階で積極的に
保湿を行うなどの対処をすればシワの
進行を食い止めることはできるのですが

放っておくと内部の水分はどんどん蒸発し
ダメージが肌内部まで到達して
大ジワが出来上がってしまいます

しわ対策は少しでも早くすることが大切です
【弾力の低下】


表皮のさらに奥の層の「真皮」では
紫外線による光老化・活性酸素による
肌の酸化・女性ホルモンの減少などによって

コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸など
肌の弾力や潤いを保つ成分が年齢と共に
失われてしまいます


真皮の弾力が失われハリがなくなることによって
クセがつきやすい、つまりシワができやすい
肌になってしまいます

【表情筋の影響】

そんな弱っている肌に、さらにとどめを刺してしまうのが
表情筋の動き・緊張によって招かれる表情ジワです


長い人生でくりかえしてきた表情の変化によって
表情筋は固く緊張して、肌を内側へと引っ張ってしまいます


健康なぷるぷる肌は平らな状態を保つことができるのですが
様々な原因によって弾力を失った肌は癖がつきやすく
シワになってしまうのです

つまり、しわ対策化粧品に求られるのは

•表皮の乾燥を防ぐ効果
•真皮の弾力を保つ効果
•肌の酸化を防ぐ効果
•表情筋をリラックスさせる効果

これらの効果をもたらすしわ対策化粧品を
毎日継続して使うことがとても大切です ^-^

1.しわ対策成分
肌の乾燥を防ぐ成分

水分を逃がさないもの

ヒアルロン酸・セラミド・ポリグルタミン酸・コラーゲン
エラスチン・スフィンゴ脂質・チューベロース多糖体
レシチン・天然保湿因子(アミノ酸・尿素・ PCA )・BGなどなど・・・

油分でふたをするもの

ツバキ油、ホホバ油、ミンクオイル、スクアランオイル、ワセリン などなど・・・
●これらの成分は全てのしわに必要
(特に乾燥による、ちりめんじわ・小じわにオススメ)

ちりめんじわや小じわは乾燥によって
表皮が薄く硬くなることが大きな原因です


たっぷりと保湿してあげれば回復は可能ですので
発見したらすぐにこれらの成分を含んだ
化粧水・美容液を使い始め、気になる部分には
クリームをたっぷり使いましょう


2.しわ対策成分
真皮のハリを保つ成分

コラーゲンの合成を高めるもの
レチノール(ビタミン A )・ナイアシン(ビタミン B3 )
ビタミン C 誘導体・ヒドロキシプロリン・クスノハガシワ樹脂エキス
ゴレンシ葉エキス などなど・・・
その他
ヒアルロン酸 etc…

●これらの成分は全てのしわに必要
(たるみにもオススメ)


真皮(肌内部)の弾力を保っているコラーゲンやエラスチン
ヒアルロン酸などを補ったり育てたりする働きがあり
ハリをアップさせることによって癖(シワ)がつきにくい
プリプリ肌を目指します


シワが気になりだしたら、すぐにこれらの成分が含まれた
化粧水・美容液・クリームを使い始めましょう

3.しわ対策成分
肌の酸化を防ぐ抗酸化成分


コエンザイムQ10・ビタミンC・アミノ酸・ポリフェノール
茶抽出液・甘草エキス・オリーブ葉エキス・ナイアシン(ビタミンB3)
オウゴンエキスなどなど・・・


●全てのしわに必要

肌を酸化させ、弾力の低下を招く活性酸素
活性酸素に立ち向かう力は年齢と共に失われてしまいます
これらの抗酸化成分を含んだ化粧水・美容液・クリームを使い
年齢に伴う肌の老化に打ち勝ちましょう

4.しわ対策成分
表情筋の緊張を改善する成分

アルジルリン(アミノ酸:アセチルヘキサペプチド-3)

●表情ジワに有効

額の横じわ、眉間のしわ
目じりの笑いジワ・カラスの足跡
ほうれい線、口元の縦じわなど・・・


最も目立つしわ「表情ジワ」は
表情をつくる筋肉の働きが関係しています

改善するためには、しわを作っている表情筋の
緊張をリラックスさせる成分アルジルリンが必要になります


表情ジワが気になり始めたら早めにアルジルリン配合美容液を
気になる部分に使い始めましょう
表情ジワ以外のしわ部分には
上記の成分を含んだ美容液やクリームを使いましょう。


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<シワ対策Part1>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


毎日のお肌のお手入れとして
簡単にまとめますと・・・


STEP1

クリームタイプのクレンジング + 固形石鹸でのさっぱり洗顔
★たっぷり使って、優しくできるだけ早く!
STEP2

老化・しわ対策成分が含まれた化粧水
★コットンを使わずに、手のひらで肌を押さえるように
顔全体→指の腹で顔の内側から外側・下から上へリンパの流れを意識して
STEP3

アルジルリン配合美容液を、額・眉間・目尻・ほうれい線・口元に
★表情ジワ部分に、指の腹で押さえるようにしっかり浸透させます
この時も、内から外・下から上へ
STEP4

老化・しわ対策成分が含まれた美容液を残りの部分にしっかり
★指の腹を使って優しく馴染ませていきます
内から外・下から上
STEP5

肌の乾燥状態に応じて、老化・しわ対策成分が含まれたクリームを
目元口元に軽くのせて・・・
★目元口元は肌が薄く乾燥しやすい部分
特にちりめんじわが出やすい下まぶたを中心に
目の下や上まぶたにはしっかり

毎日のお肌の状態に合わせて足し引きしてみてくださいね。
しわは正体不明の病気ではありません
年齢や生活習慣で失われていく成分を上手に補ってあげることで
予防・改善は可能です


短期間での劇的な変化は望めませんが
続けることで確実に肌質が改善されていきます
大切なのは「いいモノを続けること」です


乾燥肌・しわ・たるみに効くサプリメント
一生懸命にスキンケアをして「美肌にする」のではなく
「何もしなくても美肌」っていうのが理想だと思いませんか?

肌の上から化粧品で栄養を与えることはもちろん大切ですが
それらはどうしても「対処療法」になってしまいます


「何もしなくても美肌」を目指すには
食物から肌に良い成分を摂取して「内側から」栄養を与える
必要があります

「なにもしなくても美肌」=「生まれつきの美肌」なのです

ちょっとだけ気を遣って、バランスの良い食事や
美容成分を含んだサプリメント を取り入れることで
お肌の状態は驚くほど見違えます


新陳代謝が活発になり「生まれつきの美肌」が
常に保たれるようになります

アンチエイジングをより充実したものにするために
基礎化粧品によるスキンケアと合わせて
内側からのケアも念入りに行っていきましょう

● 年齢と共に低下する保湿成分

私たちの肌をしっとりと潤わせたり
モチモチとした弾力やハリを与えているのは
コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸などの
ムコ多糖体と呼ばれる物質です


赤ちゃんの肌がモチモチなのは
これらの保湿成分が十分に満ちているためです

ところが、成長期を過ぎたハタチころからこれらの
保湿成分や皮脂は年齢とともに失われてしまいます
ある年齢から歳を重ねるごとに肌が乾燥に傾き
弾力やハリを失うのはそのためです

乾燥による影響で薄く硬くなった肌はとてもシワができやすく
弾力やハリを失った肌はたるんでいく原因となります

● 肌をしっとりさせる1つの手段
加齢に伴って減少していくムコ多糖体を含んだサプリメントを
摂取することで、乾燥や弾力低下によるしわ・たるみを
内面から防ぐことができます


早い人なら数日で肌がしっとりしてくるのを
実感できるでしょう。スキンケアとの相乗効果で
しっとりとしてハリのある肌がキープできます

ヒアルロン酸やコラーゲン配合のサプリメントはドラッグストアや
最近でしたらコンビニなどで入手できます

アンチエイジングをより充実したものにするためには
アンチエイジング化粧品だけに頼らずに、体の中からキレイに
するように心がける内面美容が大切です
小じわ&ちりめんじわ対策 これでバッチリ!小じわなんて怖くない

● 要注意!!小じわ&ちりめんじわ

小じわやちりめんじわは、しっかりとケアしてあげれば
改善するので怖くありません♪毎日丁寧にケアすれば
結構な確立でプルプル肌に戻ってくれます
がしかし!たとえ今は可愛らしい小じわ・ちりめんじわでも
「忙しいから」などと後回しにしておくと、たった数日間で
立派な大じわに・・・


手遅れとまではいかなくとも、かなり手ごわくなる事は必至です
小じわやちりめんじわのうちが勝負の分かれ目・・・

次回はシワ対策Part2について
  お話したいと思います



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、シワ対策Part2について
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:不定期
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________
スポンサードリンク↓↓↓
************************************
ピンク色の肌へNSR法
New Skin a return to life
http://www.winwinzoon.com/kenny.infotop.html
************************************

  1. 肌荒れ対策
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

【特集】紫外線対策Part2



_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*第71号
☆☆
ひび・あかぎれでお悩みのあなたへ
     「ひび・あかぎれサポート日誌」☆☆
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


こんにちは、発行人のKENNYです
第70号はいかがでしたか!?
参考になりましたでしょうか^^



今回もテーマを絞ったお役に立てる情報を
みなさんにご紹介したいと思います。



第71号メニューはこちらです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
☆紫外線対策Part2お肌のお手入れ
☆☆今週のピックアップ<ダメージ肌>
☆☆☆編集後記
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

*メールマガジン発行は毎週金曜です。

_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆ 紫外線対策Part2

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________




夏へ向けての紫外線対策
乾燥肌が引き起こすトラブルについて
お話しました


今回はより具体的な
お話をしたいと思います


まずは、どんなお手入れを
心がければいいのでしょうか・・・



● 夏の洗顔・・・

夏のお肌は、過剰な皮脂の分泌によって
毛穴が開き、古い角質やゴミ、ほこりなどが
詰まりやすくなっています。はじめに32℃
(人肌程度)のぬるま湯で顔を洗い、余分な皮脂や
汚れを溶かしだしましょう

洗顔のポイントは
1・密度の濃い泡で
2・決してこすらず
3・だけど素早く

「肌へのダメージをできるだけ少なくする」ために
手際よく洗い上げましょう


● 美肌ポイント・・・


ここからが夏の美肌ポイント
洗顔料を十分に流したら、最後に冷水で
2,3回顔を洗います。そうすることで毛穴が
キュット引き締まり、余分な皮脂や汗の分泌を
抑える効果があります。洗面器に氷水を張って
顔を浸すのもお勧めです


● 夏の化粧水は・・・


どんなにベタ付く夏でも化粧水は欠かせません
今まで使っていた化粧水が「重たい」と感じる方は
さっぱりタイプのものや収斂作用のあるものを
使いとよいでしょう
ただし、しっとりタイプのものに比べて
保湿力が低いものが多いので
念入りなお手入れを心がけましょう


● 美肌ポイント・・・


さて、夏の化粧水一押し
「冷蔵庫で冷やす」ことですね
普段から冷やしている方も
多いとは思いますが、夏は特にオススメです

洗顔後に冷たい化粧水を肌に馴染ませることで
毛穴がキュット引き締まり余分な皮脂の分泌による
テカリを抑え、うるおいを閉じ込めます


● 夏の美容液・・・


シミは怖いけど、シワもたるみも無視できない・・・

夏のスキンケアは欲張りにならざるを得ません
だからと言って、何種類もの美容液を顔全体に
塗りたくるのはベタ付きやテカリを招くので考えものですね・・・
ここでポイントを押さえましょう


● 美肌ポイント・・・美白


考えてみると、シミができる場所ってある程度
決まっていると思いませんか?
そう、ズバリ紫外線が当たりやすい部分

美白美容液は額、頬骨、鼻先、こめかみ
口元、顎先などシミができやすい部分を
中心に馴染ませていき、ピンポイントで
シミを予防しましょう
心配な方は化粧水を美白系のものに
するとよいでしょう


● 美肌ポイント・・・保湿


乾燥しやすい部分(=シワやたるみが出やすい部分)
に的を絞って、保湿系の美容液を馴染ませていきます
表情ジワが出やすい、額、眉間、目尻、鼻の付け根
ほうれい線などにはしわ対策美容液を

乾燥小じわやたるみが出やすい
目元(瞼・下瞼・目の下)や頬の広い部分に
保湿美容液を馴染ませていきます
このように、顔をエリア分けすることで
美白と保湿を両立し「シミ・しわ・たるみ」
どれもあきらめない、夏のスキンケアが完成します
隠れ乾燥肌なんて怖くありません


● 乳液&クリーム


「皮脂の分泌が激しいからクリームはいらない。」
半分正解・半分間違い。肌の状態は毎日変化しています
ベタ付く夏でも毎日肌の状態をチェックして
皮脂の分泌が少ない部分には乳液やクリームで
油分を補い、水分をしっかり閉じ込めましょう


● 美肌ポイント


夏に限った裏技でないのですが
スキンケアの最後にティッシュオフすると
化粧ノリがよく、崩れにくくなるのでオススメです

クリームの使用後3分ほど置いてよく馴染ませてから
ティッシュを一枚顔に乗せて余分な油分をオフしましょう
このティッシュオフは、日中にテカリやベタつきが
気になったときにもオススメです


● まとめ


夏は美白に一生懸命になるあまりに
しわ&たるみ対策がおろそかになりがちな季節です
ですが、お肌の老化は一日たりとも待ってはくれません

シミ・しわ・たるみetc…
いつだって手を抜くことができませんが
季節に合わせて賢くケアしてあげることで
肌は必ず応えてくれます

夏はしわ・たるみも要注意の季節
夏のスキンケアのポイントを押さえて
暑い夏を美しく乗り切りましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

☆☆今週のピックアップ<ダメージ肌>

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
_____________________________________


やはり、日頃の食生活
と日頃のお手入れ・・・


地道にケアされている方は
美しいですね・・・

● 「ダメージ肌」からさよなら 
食物から摂取した栄養が肌に
いきわたらなくなるために肌が栄養不足の状態になり
このような状態が続くと、元気な肌細胞を生み出すことができず
「生まれつきのダメージ肌」が生まれてしまいます
これが肌の衰えの大きな原因でもあります。
残念ながら、このダメージ肌を基礎化粧品で
元気にするすることは難しいため、肌に必要な栄養を
摂取して「生まれつき若々しい肌」を生み出すことが
アンチエイジングには欠かせません
1.十分な栄養を摂取し元気な肌細胞を生み出すこと
⇒内面美容
2.元気に生まれた肌をスキンケアで維持・育てること
⇒外面美容
食生活による美容(内面美容)と
スキンケアによる美容(外面美容)
を並行して行うことで、より効果的な
アンチエイジングが可能になります
若々しい肌を保つために必要不可欠な成分
ビタミン、コラーゲン、CoQ10、ヒアルロン酸
セラミドなどを含んだサプリメントなどを
積極的に取り入れることで、慢性的な栄養不足に
効果的に働きかけます

この瞬間も生まれている肌の細胞に力を
与えてあげることが美肌への近道なのです


● 天然保湿


表皮をおおっているのが角質です
角質は、よくレンガ造りに例えられます
レンガのような角質細胞とセメントのようなセラミドです


セラミドは、角質に含まれる脂質で
具体的には、スフィンゴ脂質・コレステロールエステル
コレステロール・脂肪酸から構成されています


つまり、セラミドにはコレステロールも必要なのです
アトピーやドライスキン(乾燥肌)には
セラミドが不足しています


肌のカサカサにセラミドを補って
肌のみずみずしさを取り戻しましょう


● ビタミンを摂りましょう


真皮を支えているのがコラーゲンです
肌の張りに関係しています。肌を家に例えると
真皮は土台のようなものです。


土台がしっかりしないと家が傾くように
コラーゲンが不足すると、肌のしわの原因になります

コラーゲンはタン白質ですから
バランスのよい食事が重要です、コラーゲンが
体で作られるのに必要なのが、ビタミンC。肌にいいビタミンCを
取ることも必要です。ビタミンCは野菜や果物に豊富です
ビタミンCは、他にもUVで傷ついた肌から出る
活性酸素を抑えてくれます


● 肌に大切なビタミン群


ビタミン不足は肌あれの原因です
肌に栄養を取ってもらうためにも
食事に気をつけましょう

特に、お肌には、ビタミンB2、ビタミンB6
ビタミンC、ビタミンEは重要です

ビタミンB2は、うなぎ、レバー、牛乳、卵、野菜
しいたけなどによく含まれています。ビタミンB6は
さかな、肉、レバー、牛乳、卵、米、豆など
たいていのものに含まれています。

ビタミンEも活性酸素を抑えますので
お肌に悪い活性酸素を抑えるビタミンを
ぜひ補充しましょう。
ビタミンを含むバランスの取れた食事をおすすめします


● お肌を清潔に・・・


毎日の入浴とシャワーで
汗や肌の汚れを落としましょう

肌の汚れは、細菌のいい餌になってしまいます
汗にも細菌が好む養分が含まれています

石鹸・シャンプーをしっかりと使いましょう
汗や汚れを落とすのに必要です
でも、使いすぎに注意し、しっかりとすすいで
石鹸やシャンプーが肌に残らないように


● 入浴後の保湿は大事・・・


セラミドのような天然保湿に加えて
様々な保湿の塗り薬があります
大きく分けると、肌の水分がなくなるのを
防ぐ薬と肌の水分を保つ薬です


肌の水分がなくなるのを防ぐ薬は
肌の上に鎧のようにコーティングをして
水分の蒸発を防ぐ効果があります


脂質成分がほとんど。ワセリンやオリーブ油・椿油
ひまわり油などの植物油は、肌に脂質を補給することで
肌の乾燥をブロックします


肌の水分を保つ薬は肌から水分を離さないよう
水分保持を助ける効果があります
尿素含有の軟膏・クリームがその効果があります


保湿剤は、お肌に水分がある、入浴・シャワー後が効果的
自分にあった保湿外用薬・化粧水などを使って
いつまでも肌の水分を保持しましょう


日頃のケアが重要ですから
普段からお肌のチェックを欠かさずにしましょう


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
☆☆☆編集後記
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________



最後までお読みいただき、
ありがとうございました。

これからひび・あかぎれ日誌では
読者の皆さんに為になるような
情報を提供できればと思っております。


●余談ではありますが、先日11月2日
FMラジオ番組「サンデーブランチ」にて

(SHIBUYA-FM 78.4MHz
日曜AM10:30~11:58)ON AIR)

●「ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策」
の内容で、ご紹介されました!!

これも偏に、応援してくださる皆様のおかげと
感謝の気持ちでいっぱいです!!

今後とも、お役に立てる情報を
発信していきたいと思います。


☆ お知らせ

2008年12月10日発売
ミスターパートナー誌1月号に
掲載されました^^
<137ページ・カラー掲載>

「お肌が荒れている・・・」
「お肌のお手入れに不安・・・」
「お肌に関する情報が知りたい・・・」


そんなあなたに参考になれば
と思います^^



●その他、9月26日(金)絶賛販売中
【2008年度版 大ヒット商品はこれだ!】
に掲載されました!!

●ホームページ
☆2008年度版 大ヒット商品はこれだ!☆
http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/
パソコンでも見れます

●ピンク色の肌へ・・・ひび・あかぎれ対策

http://www.mrpartner.co.jp/daihit2008/pages/cnt06_03.html

本屋さんに立ち寄ったときにでも
御覧いただければ幸いです^^


ご感想・ご意見がございましたらお気軽にご連絡下さい^^
では、また来週お会いいたしましょう!!  (kenny)



* 次回は、ちょっと気になるシワについて
  お話したいと思います
  それではまた、お会いしましょう^^


_____________________________________
*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*

メールマガジン「ひび・あかぎれサポート日誌」
☆発行責任者:KENNY
☆発行周期:毎週金曜日
☆問い合わせ:ohadapeach@yahoo.co.jp
HP:URL⇒http://ohadapeach.blog39.fc2.com/

☆発行システム:『まぐまぐ!』 http://www.mag2.com/
☆配信解除はこちら http://www.mag2.com/m/0000260683.html
いつでも配信の登録・解除が出来ます、ご安心下さい^^

*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*:.,.:*
____________________________________


テーマ:身体の悩み - ジャンル:ヘルス・ダイエット

  1. スキンケア
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。